HRzine

注目の特集・連載

リファレンスチェック特化SNS「Parame」が経産省「始動 Next Innovator」に採択―Parame

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/29 02:05

 Parameが運営するリファレンスチェックに特化したビジネスSNS「Parame(パラミー)」は、経済産業省主催の次世代イノベーター育成プログラム「始動 Next Innovator 2020」へ採択された。

 Parameは、仕事仲間や友人と推薦を書き合えるビジネスSNS。Parameで自分宛ての推薦をもらっておくと、仕事の受注や採用面接時などに、同SNSでもらった推薦が信用の補完として役立つ仕組み。2020年10月現在、2000件以上の推薦がサービス内で記載されているという。

 また、同社は、Parameと連動して企業担当者がリファレンスチェックを簡単に行えるサービス「Parame Recruit」も提供。面接だけでは知ることができない採用候補者の能力・スキル・エピソードなどを、直接の知り合いから取得することで、採用や業務発注時のミスマッチリスクを低減する。同サービスは、テレワークやオンライン面接が多くなっている中での人材採用、業務発注時などに利用されているという。

 なお、始動Next Innovatorは、未来を作り出す意志を持った人が、国内プログラムや米国シリコンバレープログラムで必要な知識・スキルを経験的に身に付けて、1人では解決できない重要な課題の解決のため、共に刺激を受けながら、自ら挑戦=行動をし続けるイノベーターを育成する施策。様々なバックグラウンドや専門性を持ち、多様な課題への問題意識を持つ参加者同士が切磋琢磨できる環境を提供する。すべての参加者が、自分の事業アイデアやビジョンを持って挑戦や失敗を繰り返し、その実現に向けて邁進しており、この環境に身を置くことで、粘り強く高い志を維持することができるという。

 これまで5年間で培ってきた始動Next Innovatorコミュニティには、約600名の始動アルムナイ(卒業生)がいる。彼らからも、事業成長をさせた起業家として、また社内での新規事業を実現した同士としてのアドバイスが期待できる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2020/10/29 02:05 /article/detail/2647
All contents copyright © 2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0