HRzine

注目の特集・連載

「労務・健康経営」記事一覧

労務・健康経営

10件中1~10件を表示
  • 2020/11/06

    マタハラによる使用者責任と健康配慮義務違反(福岡地裁小倉支部 平成28年4月19日)

     利害関係のない知人・友人であれば素直に祝福する妊娠・出産。これば職場の同僚や部下となると、自分の仕事が増える・部課の仕事に支障が出ると思って嫌がらせをしたり圧力をかけたりする。いわゆる「マタニティーハラスメント(マタハラ)」ですが、令和になっても相談件数が増加していると厚生労働省は伝えています。今回ご紹介するのは、上司によるマタハラです。人事としては、いまだこのような考えの管理職が少なからずいることを頭に入れ、目配りするとともに、教育などで徹底防止したいものです。

  • 2020/10/14

    違法な退職勧奨と精神障害の悪化(京都地裁 平成26年2月27日)

     連載第2回に続き、「うつ病」に罹患した原告が退職に追い込まれ、訴訟になった事件です。通常通りに業務を進められないということで強引な退職勧奨が続けられ、原告の病状はどんどん悪化していきました。これだけを聞いても企業側に問題があることは明白ですが、法律に照らした場合、具体的にはどのように問題なのでしょうか。判例からその点を明らかにします。

  • 2020/09/24

    上司のパワハラと自殺に関する安全配慮義務違反(徳島地裁 平成30年7月9日)《後編》

     職場で上長が部下をパワーハラスメント(パワハラ)で追い込み、自殺させてしまったケースの後編です。前編では事件の経緯と裁判所の判断を紹介しましたが、この後編では、裁判所の判断の要点や、訴訟になった原因、訴訟になる前に取っておくべきだった対応を述べます。また、厚生労働省が出した指針にある、代表的なパワハラの言動の類型と、各類型に該当すると考えられる行動例/しないと考えられる行動例も示します。

  • 2020/09/23

    上司のパワハラと自殺に関する安全配慮義務違反(徳島地裁 平成30年7月9日)《前編》

     時に人を死に追いやるパワーハラスメント。今回ご紹介するのも、職場で上長が部下を追い込み、自殺させてしまったケースです。上長は部下に何をしたのか。あるいは、何をしなかったのか。裁判では何が問われたのか。事件の経緯から裁判所の判断、関連する資料まで前後編で紹介します。

  • 2020/08/21

    就業規則の解釈誤りなどで、うつ病解雇無効(東京地裁 平成22年3月24日)

     「うつ病」は従業員の誰にも発症の可能性がある病気です。決してまれな病気ではありません。どの会社も、うつ病を発症した従業員にどう勤務してもらうか、どう休んでもらうかの規定を適正に定めておくべきでしょう。今回取り上げるのは、うつ病を発症し欠勤を重ねた教師に対して、学校側が不用意に退職勧奨し、その後解雇通告を行ったため、訴訟になったケースです。結果は解雇無効。企業側に対応や備えにどのような問題があったのでしょうか。

  • 2020/08/03

    量も重要度も増してきたバックオフィス業務、限られた人材でいかに回していくかは企業の喫緊の課題に

     業務のデジタル化が一筋縄ではいかないのが企業のバックオフィス(人事・総務・経理などの管理部門)。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、在宅勤務・テレワークが次々と導入される中、出社を余儀なくされたバックオフィスは少なくないようだ。しかし、テレワークが定常化する流れのWith/Afterコロナ時代では、バックオフィスの業務もデジタル化を加速していく必要があるだろう。本記事では、バックオフィス業務のデジタル化にまつわる課題とソリューションについて、クラウド型労務・人事管理システム「オフィスステーショ...

  • 2020/07/08

    二次会でのセクシュアル・ハラスメント(大阪地裁 平成10年12月21日)

     企業は人の集まりです。時には、思いも寄らない事件やトラブルが従業員の間で発生します。そうしたケースへの対応策として、過去の事例を知っておくことが、人事として重要ではないでしょうか。本連載では、訴訟にまで至ってしまったケースを取り上げ、事件の顛末と裁判所の判断およびその要点を説明した上で、訴訟に至った原因とそもそも取っておくべきだった予防策をお教えします。第1回の今回は、セクシュアル・ハラスメントが起こり、訴訟に至った例を紹介します。

  • 2018/09/28

    エンジニアの副業は本業にどう影響するのか、企業側にメリットは――カオナビ 吉田しおり氏

     「エンジニアの副業OK」を謳う企業が少しずつ増えている。株式会社カオナビはその一社だ。同社 プロダクト本部 プロダクトデザイングループの吉田しおり氏は、ボイストレーナーという夢をかなえられるとして、副業可能な同社へ転職してきた。しかし、多くの企業では副業の影響が読めないとして、検討の予定すらないようである。実際のところ、影響はあるのかないのか。吉田氏に話を聞いた。

  • 2018/05/14

    採用活動で「ブラック企業認定」される行為はやめよう――就活生に瞬く間に拡散する仕組みとは

     ごきげんよう。Dentoである。多くの企業で採用活動が忙しくなり、人事部などでは目の前の業務を懸命に遂行されていると思う。ところが気づかないうちに、就活生の間で、貴社は「ブラック企業」だという情報が広まってはいないだろうか。今回は、ブラック企業のイメージが広まることの恐ろしさと、ブラック企業というイメージを広げてしまった具体的な事例について書かせていただく。

  • 2018/01/26

    いまさら聞けない「特定労働者派遣」制度廃止――IT技術者派遣はどうなる? マッチングッド代表取締役齋藤康輔氏に聞く

     派遣会社が常用雇用する社員を派遣する「特定労働者派遣事業所」制度。実は、IT技術者には特定派遣で働いている人が多く存在する。2015年の労働者派遣法改正で、届け出制の同制度は廃止され、派遣事業所は許可制による登録型派遣「一般労働者派遣事業所」に一本化されることが決まった。経過措置として認められていた同事業所の運営も2018年9月末で完全に廃止となる。一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業の違いなど基本的な業界知識のほか、実際に特定派遣で働いているエンジニアや、派遣会社はどうなるのか今後の動向に...

10件中1~10件を表示
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0