SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

3ヵ月で自走へ ラクスルのオンボーディング改善/解雇無効の異動拒否とは

-[Vol.048]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

皆さま、こんにちは。HRzine編集長の市古です。
今回の人気記事ランキングNo.1は、次の記事でした。

●1位 組織が急拡大するラクスルのオンボーディング 3ヵ月で誰もが自走する
 よう施した改善とは


ネット受付の印刷サービスで先頭を走るラクスル。事業も組織も急成長を遂げて
きた裏側で、新メンバーのオンボーディングにおいて「聞き手責任」になっていた
といいます。分からないのは教える側ではなく、教えられる側のせい。これでは
新メンバーはスムーズに業務に入れず、会社としても損失です。

そこで、自身がオンボーディングの効果を身にしみて感じたことがあるという、
同社 執行役員 ラクスル事業本部 印刷事業統括部長の前田大輔氏は、自ら
オンボーディングの改善活動を開始。「心理的安全性が担保されていて仕事が
やりやすかった」といった声も上がるなど、成果を上げています。

では、オンボーディングの改善で何を行ったのか。それを知りたい方は本記事を
ぜひお読みください!

[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] 人気記事ランキング
[3] 記事のリクエストも大歓迎です
[4] 配信停止の方法

HRzineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter  => https://twitter.com/hrzine_jp
* Facebook => https://www.facebook.com/hrzine

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(10/3~10/17)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ワークデイ日本法人が考え抜いた新オフィス 新しい働き方を加速、営業機会が
 増加したという声も
〈インタビュー《オフィス》| 新しい働き方との融合〉
 米国西海岸発のオンデマンド(クラウド)型財務管理・人財管理ソフトウェアベ
ンダーである「ワークデイ」。働きやすさを追求する同社は、日本法人においても
、2022年7月19日に東京・六本木の新オフィス移転に際し、コロナ以降の新たな働
き方を意識して、さまざまな工夫を凝らしたという。どのような働き方を求め、そ
の思いをどのようにオフィス環境づくりに反映しているのか。新しいオフィスのス
ペースや設備に込められた思いについて、同社エグゼクティブ・プレジデント 兼 
日本担当ゼネラルマネージャー 日本法人社長の正井拓己氏に伺った。


◆組織が急拡大するラクスルのオンボーディング 3ヵ月で誰もが自走するよう
 施した改善とは
〈CxOと職種別オンボーディング対談 | #ex3〉
 新しい組織でスムーズに活躍してもらうことを目的とし、入社前後に集中的に情
報をインプットする「オンボーディング」を行う企業が増えてきた。しかし企業や
部門ごとに様々な定義がなされ、職種によっても適切な手法は異なるようだ。そこ
で本連載では、幹部人材紹介やタレントシェアリングなどで企業の成長を支援する
株式会社BNGパートナーズの岡本勇一氏が、様々な立場でオンボーディングに関わ
る方々をお迎えし、施策としての考え方や手法、課題感などを伺う中で、効果的な
オンボーディングのあり方について探っていく。今回は、印刷や広告、物流産業で
IT技術を駆使した事業を展開するラクスル株式会社の執行役員 ラクスル事業本部 
印刷事業統括部長を務める前田大輔氏、ストラテジックコミュニケーション室の小
柳智香子氏、経営企画部の石田朝子氏にお話しいただいた(※所属部署は取材当時
のもの)。


◆妻の病気を理由とした異動拒否による解雇は無効と判断(大阪地裁 平成30年3月
 7日)
〈人事労務事件簿 | #26〉
 自殺未遂をするほど重い心の障害を負った妻。現状から何か一つでも変わると彼
女を追い込んでしまうという中で、夫はやむなく異動を拒否しました。しかし、会
社側はそれを理解をせず、異動命令に従わなかったとして辞職願の提出を通知。こ
れにも従わなかった彼を解雇しました。今回紹介するのは、これを不服として解雇
の無効を訴えた事案です。明らかに異動を拒否せざるを得ない状況下での解雇は、
どのような理由の下、無効と判断されたのでしょうか。


◆人的資本開示に備える《後編》~具体的なアクション案とHRテックの活用方法
〈特別寄稿《人的資本経営》| 人的資本開示〉
 本記事では、先行企業の事例を交えながら、人的資本開示の準備と進展に応じた
アクション案、人的資本開示を支援してくれるHRテックについて、前後編で解説し
ています。前編では、人的資本開示の項目を分析し、人的資本開示の準備における
ポイントを説明しました。後編である今回は、人的資本開示における具体的なアク
ション案とHRテック活用方法について解説します。


◆人的資本開示に備える《前編》~開示項目の分析と準備における2つの注意点
〈特別寄稿《人的資本経営》| 人的資本開示〉
 日本でも注目が一気に高まっている人的資本経営。2020年の経済産業省による「
人材版伊藤レポートの公開」、2021年の東京証券取引所による「コーポレートガバ
ナンス・コードの改定」に続き、去る8月30日に、内閣官房非財務情報可視化研究
会より「人的資本可視化指針」が公開されました。しかし、同指針は資料色が強く
、人的資本開示に何から取り組めばよいのかを知るには物足りないようです。本記
事では、先行企業の事例を交えながら、人的資本開示の準備と進展に応じたアクシ
ョン案、人的資本開示を支援してくれるHRテックについて、前後編で解説します。
前編である今回は、人的資本開示の項目を分析し、人的資本開示の準備における注
意点をお伝えします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 人気記事ランキング(10/1~10/14)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 組織が急拡大するラクスルのオンボーディング 3ヵ月で誰もが自走する
 よう施した改善とは


●2位 ワークデイ日本法人が考え抜いた新オフィス 新しい働き方を加速、営業
 機会が増加したという声も


●3位 妻の病気を理由とした異動拒否による解雇は無効と判断(大阪地裁 平成30
 年3月7日)


●4位 DX時代における人材マネジメントの眼目~リスキリングによるDX人材の育成
 と定着の勘所


●5位 専門家に教えてもらった 採用を増やすためのSNS・Webメディア活用戦略と
 その前提知識


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 記事のリクエストも大歓迎です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、編集部まで
お気軽にご応募ください。
その他のご要望にも柔軟に対応してまいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/hz?token=&utm_source=24100&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/hz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 HRzine編集部
(c)2020 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

PR

Job Board

PR

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング