HRzine

注目の特集・連載

勤怠管理スマホアプリ「GPS勤怠管理 for KING OF TIME」を提供開始―ヒューマンテクノロジーズ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/16 23:55

 ヒューマンテクノロジーズは、同社のクラウド勤怠管理システム「KING OF TIME」で利用できるスマートフォンアプリ「GPS 勤怠管理 for KING OF TIME」の提供を開始した。

 本アプリは勤怠管理システム KING OF TIMEで利用できる、位置情報を活用した出退勤打刻アプリ。打刻可能範囲を設定できるジオフェンシング機能を備えており、管理者が従業員の打刻可能エリアを設定し、設定した範囲内にいる場合に限り本アプリにて打刻できるようになる。例えば、事前に設定した勤務地から「半径20メートル以内のみ打刻可能」といった設定ができる。場所は複数登録できるので、ある日はA拠点で出勤打刻し、その後移動した先のB店舗で退勤打刻、またある日は在宅勤務のため自宅で出退勤打刻、といった場合にも対応できる。

 テレワークの導入が急速に進む中、働く場所の多様化とともに、あいまいになりがちな時間管理に課題を感じている企業が増えているが、本アプリを利用することで、管理側、従業員側双方に負担をかけない形で、正確で信頼性の高い時間管理が可能になる。

 同アプリは管理者用と従業員用の2種類。管理者用アプリでは主に、打刻場所の設定、ジオフェンシングの設定(オン/オフ、半径設定)を行う。従業員用アプリ側では出退勤時や休憩時の打刻のほか、タイムカードの確認、申請など各種勤怠機能を備えている。

 対応端末はスマートフォンのiOSとAndroidで、同アプリのWebページより各アプリストアへ遷移し、ダウンロードおよびインストールを行うことで、利用を開始できる。また、利用にはKING OF TIMEのアカウントが必要(管理者用アプリには、管理者用IDが必要)で、KING OF TIMEの公式Webサイトより申し込みができる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2020/09/16 23:55 /article/detail/2501
All contents copyright © 2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0