HRzine

注目の特集・連載

本社移転を発表、社員と企業が対等な関係を構築できる新オフィスを設計―カオナビ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/31 00:30

 カオナビは、「東京虎ノ門グローバルスクエア」に本社オフィスを移転し、2020年11月24日より営業を開始すると発表した。

15階エントランスのイメージ
15階エントランスのイメージ

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リモートワークをはじめ「出社をしない」働き方が普及している昨今、オフィスを取り巻く環境も目まぐるしく変化している。オフィスの縮小や削減、地方への移転、完全リモートワーク導入など、多様な働き方の選択肢が生まれているが、同社では、働き方を選択するのは「企業」ではなく「社員」であるべきだと考えている。ニューノーマル時代と言われるこれからは、出社することは「義務」ではなく、社員が選択する「権利」となり、働く場所を選択できるからこそ、社員が心地よく働くことができ、自分の居場所だと感じてもらえるようなオフィス環境の実現を目指すという。

 同社が目指す社員と企業が対等な関係を構築する「相互選択関係」を体現する新オフィスでは、ユーザーとなる社員の利用満足度を高めるカフェスペースや、遊びの中からアイデアを発想するプレイルームなど、コミュニケーションが活性化するエリアを準備。また、社員同士の交流だけでなく、同社への理解・共感を醸成するべく、カオナビのユーザー企業や導入を検討する企業のほか、採用候補者や過去に在籍していた社員まで、幅広いステークホルダーとの交流が生まれるコミュニティスペースを構築し、多角的なタッチポイントにしていく。

15階全体イメージ
15階全体イメージ
16階全体イメージ
16階全体イメージ
セミナールーム(コミュニティスペース)
セミナールーム(コミュニティスペース)
プレイルーム
プレイルーム

 同社は働き方においても「相互選択関係」を重視。企業がリモートワークもしくは出社のどちらかを強制するのではなく、社員自らがハイブリッドに勤務スタイルを選択し生産性を高められるようにする。そのために、新オフィスは個々の社員が自分のプライベート空間のように利用できるよう、デザインコンセプトをOWNの前にTを足した「(T)OWN」とした。用途に余白を残すことで個々の社員の使い方を尊重し、それぞれが自分の(OWN)居場所だと感じられる、街(TOWN)をイメージしたものだ。

 新オフィスには低めのソファや吊り下げの照明など、ホテルのラウンジのような雰囲気を持たせたスペースやカフェスペースを用意。社員同士がカジュアルに雑談できるスペースを用意することで、偶発的なコミュニケーションによる創造性の向上を目指す。

ラウンジ
ラウンジ

 また、さまざまな事情により自宅で働くことが難しい社員に配慮し、集中して作業ができるように個人ブースを多数設置。ビデオ会議が主流になりつつある昨今、周囲への配慮や高いセキュリティも確保する。

個人ブース
個人ブース

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2020/10/31 00:30 /article/detail/2651
All contents copyright © 2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0