SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

新時代のIT/デジタル人材戦略に関する展望を発表―ガートナージャパン

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 ガートナージャパン(以下、ガートナー)は、新時代のIT/デジタル人材戦略に関する展望を発表した。同展望では、これからのITおよびデジタル人材戦略に大きな影響を与えるトレンドの中でも、特にジョブ型組織、従業員価値提案(EVP)、従業員幸福度(またはウェルビーイング)に焦点を当てている。

①ジョブ型組織を導入した日本企業のIT部門のうち、2025年までに効果を獲得する組織は10%にとどまる

 新型コロナウイルス感染症対策として多くの企業でリモートワークの導入が進んだ結果、各社員の業務を明確化し管理を容易にしたいという欲求から、ジョブ型組織に対する関心が飛躍的に高まっている。ジョブ型組織(または雇用)の導入は一部の大企業で進んでいたが、2020年には中小企業でも導入に関する議論が開始された。

 IT部門においてジョブ型組織が機能するためには、さまざまな条件を満たす必要がある。例えば、「役割が明確に定義できること」「役割が固定的で変化が少ないこと」「業務の進捗と成果を可視化し共有できること」「IT部門がユーザー部門と対等の関係にありプロジェクトの優先順位を決められること」「CIOが人事権を保有していること」「ジョブの変更に伴う解雇が可能であること」「従業員の自律性が高いこと」などだ。これらの条件を満たさなければ、ジョブ型組織のメリットを享受することは難しいとガートナーは考えているが、実際に条件を満たせるIT部門は少ないと推察される。そのため、ジョブ型組織を導入した日本企業のIT部門のうち、2025年までに効果を獲得する組織は10%にとどまると同社は予測している。

②2023年までに、日本企業の50%がIT/デジタル技術者の獲得を意識したEVPを作成する

 売り手市場が続く中、技術者の獲得においてはマーケティング活動が極めて重要になっている。ガートナーの調査では、候補者は「給与、待遇」だけでなく、「同僚」「働く環境」「企業ブランド」などの要素を比較検討し、就職先を選定していることが明らかになっている。多くの日本企業が優秀な技術者の獲得に苦戦している中、成功している企業の特徴として、組織のミッションや所属メンバーの働きぶりなど、内部の状況がさまざまな方法で広く公開されている点が挙げられる。企業が適性の高い候補者を集めるためには、自社が従業員に与えることのできる価値を明確化することが不可欠になっている。

 ディスティングイッシュト バイス プレジデントでガートナー フェローの足立氏は次のように述べている。

 「IT/デジタル技術者の獲得を意識したEVPを設定することによって、CIOは採用市場で優位に立てるようになるだけでなく、IT部門に所属する既存の従業員の管理にも良い効果をもたらすことが期待できます。例えば、従業員が重視する項目と満足度を定期的に計測することによって、IT部門の強みと潜在的な課題を見つけられるようになります。モチベーションの源泉は個人によって大きく異なるとはいえ、共通性の高い項目に優先的に取り組むことにより、組織全体の活性化につなげられます」(足立氏)

③2025年までに、日本の上場企業の50%は、デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションによる「従業員幸福度の向上」をESG(環境、社会、ガバナンス)開示情報に含めるようになる

 企業価値の持続的成長を占う「非財務情報」として、ESGへの取り組みは投資家にも注目されている。上場企業の経営者にとってESG情報の開示は今や必須であり、確実かつ迅速な目標の達成が求められるようになっている。「人材」は社会貢献の観点でESGの重要な要素になる。

 人材への取り組みについて、投資家の関心の1つは労働生産性だが、それと同等以上に今注目されるのが「従業員幸福度(またはウェルビーイング)」への企業の対応姿勢だ。今後、東証一部上場企業のほとんどが、ESG活動の情報開示を強め、従業員幸福度の向上を目標の1つに据えてデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを推進するとガートナーは考えている。そのため、2025年までに、日本の上場企業の50%は、デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションによる「従業員幸福度の向上」をESG開示情報に含めるようになると、同社は予測している。

 ガートナー・ジャパン マネージング バイス プレジデントの山野井聡氏は次のように述べている。

 「多様で有為な人材が幸福を感じながら長く勤め続けられる仕組みが、長期的な企業価値の成長には不可欠であると投資家は考えています。2020年にガートナーが世界の企業経営層を対象に実施したサーベイでは、『COVID-19は、今後の従業員の働き方を恒久的に変える』と予想する回答が実に74%を占めていました。日本企業にとってもCOVID-19は、これまでの働き方を抜本的に見直す契機となるでしょう。それにより、『従業員幸福度の改善にIT/デジタル技術をもって貢献する』という新たな課題がCIOに突き付けられています。CIOには、労働生産性と従業員幸福度の向上への貢献が求められます」(山野井氏)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/3055 2021/03/23 21:46

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング