HRzine

注目の特集・連載

「ソースコードやGitHubから読み解く エンジニア候補者の見極めポイント」セミナーを開催―ギブリー

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/14 08:20

 ギブリーは、Sansanとの共催で、エンジニア未経験の人事担当者向けセミナー「非エンジニア人事も知っておくべき ソースコードやGitHubから読み解く エンジニア候補者の見極めポイント」を9月29日(水)に開催する。

 エンジニア採用担当者が、書類選考や面談において候補者の見極めや魅力付けを適切に実施するためには、募集ポジションの技術要件だけにとどまらず、活用するプログラミング言語の理解やキャリアステップなど、「エンジニア」という職種への理解や興味関心が欠かせない。しかし、一般的にはエンジニア未経験でエンジニア採用担当を務めるケースが大半であり、技術やエンジニアへの理解が難しいことから、書類選考でのスクリーニングの精度が下がったり、現場エンジニアとのコミュニケーションで共通の評価指標が持てないといった悩みが聞かれる。

 そこで同社は、過去500名以上のエンジニア採用担当者が視聴している「エンジニア未経験の人事でも分かるGitHubからの技術の読み解き方」セミナーを、Eight Career Designを運営するSansan共催の下、再講演する。GitHubの読み解きポイントをエンジニア目線で解説した前回のセミナー後は、「専門知識がなくても、GitHubのどこを見ればいいのかポイントを押さえられた」「実際のGitHubを見ながら説明してもらえて、非常にわかりやすかった」「今までエンジニアに任せっきりだったが、多少は評価の負担を減らせそう」といった声が寄せられたという。

 セミナーの概要は次表のとおり。

日時 2021年9月29日(水) 12:00-13:00
会場 オンライン
定員 200名
参加費 無料
トークテーマ
  • 明日から使えるGitHub用語の解説
  • 実践!非エンジニア人事でもわかるGitHubの読み解き方
  • GitHubの見極めPOINTチェックリストを公開
  • 人事が見極めるべき範囲と、エンジニアに任せるべき範囲の境界線
対象者

次のような人に同セミナーへの参加を推奨

  • 採用のためのエンジニアリング知識を身に付けたい経営者、採用責任者
  • エンジニアを、どう採用に巻き込むか悩んでいる採用担当者
  • 積極的に採用に関わりたいと考えているエンジニア

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/09/14 08:20 /article/detail/3515
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0