HRzine

注目の特集・連載

外国人社員の定着を支援するBPOサービス「ゼロニンメ」を開始ーGuidable

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/13 09:00

 Guidableは、企業と外国人社員をサポートするBPOサービス「ゼロニンメ」の提供を開始した。

 ゼロニンメでは、外国人労務のサポートや月例の1on1といった通常の業務プロセス代行に加えて、外国人社員が抱える悩みに寄り添って解決へと導くチャット相談や生活支援も実施。その内容を業務改善に活かすフィードバックまで、一気通貫で提供する。

 600社を超える企業の外国人採用を支援してきた同社は、外国人社員と企業が抱える「業界慣習や社内ルールの理解」「有給申請などの労務手続き」「異国で働くことに対する心理的負荷」の課題に着目。これらの外国人マネジメントにかかる時間は1か月あたり数百時間にも達する(5名の外国人を雇用している場合)。

 外国人社員が定着している先進企業に対する調査では、先導役となる外国人社員が各種手続きのフォローや悩みの相談、日本人従業員とのハブ役などを担っていたことが分かった。同サービスでは、こうした手厚いサポートを「0人目の外国人社員リソース」としてBPOサービスにすることで、外国人の休職・早期離職を未然に防ぐ。具体的には、同社が審査・選定した日本企業における就労経験を持つ外国人スタッフが、企業と外国人社員の双方をサポート。日本人社員を含めたすべての人事プロセスを管理する人事担当者や、担当業務に集中したい部門管理者の負担を軽減する。

 ゼロニンメの提供メニュー例は次のとおり。

外国人労務サポート
外国人の入社手続きや税金・年金・保険手続き、経費申請、有給休暇申請などの処理を、自社のフォーマットに合わせてサポート。
チャット相談
外国人社員が気軽に聞けない会社生活の悩みを、ゼロニンメの担当外国人がサービス提供時間内はいつでもヒアリング。些細な悩みでも拾い上げることで、外国人社員のモチベーションを維持し、休職や早期離職を未然に防ぐ。
定期1on1
1か月に1回、定期的に1on1ミーティングをすることで、通常業務上では分からない外国人社員が抱える悩み、課題を引き出す。
フィードバック
人事担当者や部門管理者に対して、活動報告のほかにチャット相談や定期1on1で得た外国人社員が抱える課題を、プライバシーに配慮した形で報告。
生活サポート
外国人社員の銀行口座開設やスマートフォンの契約、住環境などの生活基盤の整備について、ゼロニンメが代行。日本人社員に対しては発生しない業務プロセスをゼロニンメが行うことで、人事担当者の手間を軽減する。
[画像クリックで拡大表示]

 なお、対応時間は9時00分〜17時00分(土日、祝日除く)。LINEやSlack、Zoomなどのオンラインコミュニケーションツールを使って対応する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/10/13 09:00 /article/detail/3595
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0