HRzine

注目の特集・連載

統合人事システム「COMPANY」がHRテック関連サービス7社と順次連携を開始―Works Human Intelligence

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/11/19 09:00

 Works Human Intelligence(以下、WHI)は、同社が提供する大手法人向け統合人事システム「COMPANY」のアライアンス戦略として、COMPANYと他社製品・サービスとの連携構想を11月4日開催のイベント「COMPANY Forum 2021」で発表した。採用管理、健康管理、組織サーベイ、退職予測、ワークフロー・タスク管理等、各専門領域に特化したサービスとの連携を順次開始する。これにより、COMPANYの人事データベースを中心とした人材データの活用およびCOMPANYの利便性向上を図っていく。

 連携する製品・サービスは次のとおり。

  • WinActor(エヌ・ティ・ティ・データ)
  • KAKEAI(KAKEAI)
  • Carely(iCARE)
  • ServiceNow HR Service Delivery(ServiceNow Japan)
  • sonar ATS(Thinkings)
  • テックタッチ(テックタッチ)
  • Microsoft Teams(日本マイクロソフト)
  • モチベーションクラウド(リンクアンドモチベーション)
[画像クリックで拡大表示]

 昨今のESG投資や人的資本経営への注目度の高まり、そしてコロナ禍を経て、企業の人材に対する向き合い方や、個人の働き方・働く価値観が大きな変化を遂げている。しかし、企業・経営の目指す企業価値向上と、多様化する従業員の働く価値観の実現の両立は容易ではない。同社はテクノロジーを利用し、こうした課題の解決を目指していくという。

[画像クリックで拡大表示]

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/11/19 09:00 /article/detail/3728
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0