HRzine

注目の特集・連載

テレワークを前提に遠隔地から人材を調達する企業がコロナ前後で14.5ポイント増

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/22 08:00

 リクルートスタッフィングは、テレワークを導入している企業における経営者、管理職、人事・労務担当者(20~60代男女)と、テレワークで就業している従業員(20~50代男女)、それぞれ621人を対象に、2020年12月14日~17日の期間で「企業・従業員におけるテレワークの実態調査」を実施した。

 テレワークを前提に、自社の遠隔地に居住している人材の採用実施・検討状況を企業側に聞いたところ、「新型コロナウイルス感染症流行前から行っている(28.3%)」に加えて、「新型コロナウイルス感染症流行後から行っている(14.5%)」と、コロナ後では、広いエリアから人材調達を実施する企業が増えている。さらに、「現在は行っていないが今後は行いたい(16.1%)」を合わせると、現状6割近くがテレワークを前提とした、遠隔地の人材調達に積極的であることが分かった。

 テレワークを前提とした場合、勤務エリアにおける意識変化の有無を従業員に聞いたところ、「変化あり」と回答した人は40.3%。また、そのうち、テレワークを前提とした際、通勤に片道2時間以上かかる会社が転職先の「対象になる」と回答した人は53.2%となった。テレワークの導入により、通勤可能エリアへの意識に変化があることが分かる。

 テレワークを前提としたとき、通勤時間2時間以上の会社が転職先候補の「対象になる」と回答した従業員に、その際のメリットを聞いたところ、回答数が多かったものから順に「居住地の選択肢が増える(43.0%)」「時間を効率的に使える(36.4%)」「職場の選択肢が増える(35.0%)」「職種の選択肢が増える(27.6%)」「勤務形態の選択肢が増える(24.3%)」「業務内容の選択肢が増える(21.5%)」など、居住地や職場、職種などの選択肢が増えることがメリットとして挙がった。

[画像クリックで拡大表示]

 テレワークを前提に、遠隔地の人材調達を実施している、または今後実施したい企業に対し、その理由を聞いたところ、最も多い回答が「スキルの高い、即戦力になる人材を受け入れたい(54.4%)」となり、企業側がスキルの高い人材を求め、より柔軟に人材調達を行うという意識変化が見られた。

[画像クリックで拡大表示]

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/02/22 08:00 /article/detail/2953
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0