HRzine

注目の特集・連載

トヨタ車体が「レンタル移籍」を導入、新規ビジネス創出や社内変革に挑戦できる人材の育成を目指す

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/16 09:00

 ローンディールは、トヨタ車体に対し、人材が元の組織に在籍しながら期間を定めて他社で働く仕組みである「レンタル移籍」を提供した。2021年10月から1名、2022年1月から2名の合計3名がベンチャー企業での業務を開始する。

 トヨタ車体は、ベンチャー企業で先端技術の知識に触れ、スピード感のある事業開発を経験することで、社内変革を主導できる人材に成長することに期待。自動車業界の変革期において、自ら企画・開発を行い、新規ビジネス創出ができる人材の育成、および挑戦する社内風土の醸成を目指しているという。

 レンタル移籍者と移籍先企業は以下のとおり。

本社 開発本部勤務 男性(49歳)(移籍先:トラベルドクター)
2021年10月よりトラベルドクターでの業務を開始。医師のサポートにより病気を抱える人の安心安全な旅行を叶える「トラベルドクター」事業において、PR媒体のデザイン・制作、移動手段からの旅行体験の一部としての福祉車両のデザインなどに取り組む。

※2022年1月に移籍開始の2名については、現在移籍先の調整中。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/10/16 09:00 /article/detail/3614
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0