SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

「デジタル人材育成プラットフォーム」提供開始、企業ごとのビジネス環境に合わせた実践機会も提供―デロイト トーマツ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 デロイト トーマツ グループは、DXにおける企業など組織全体での行動変容やトランスフォーメーションを実現するために、デジタル人材の育成を中心とする総合サービス「デジタル人材育成プラットフォーム(DHR Platform)」の提供を開始する。

 同サービスでは、デジタル人材の育成について、デジタル人材要件定義・アセスメント、育成体系・施策の立案といったコンサルティングを通じて、各社に最適なサービスを設計するという。

 具体的には、同社が実施する「デジタル人材志向性調査」の結果を基にしたアセスメント項目より、デジタル領域への適性を評価(適性マッチング)したり、各自が人材タイプおよびDXで担う職務の実施レベルに照らした自己評価(スキルマッチング)を行ったりすることで、個々人の知識・スキルの成熟度を特定。その上で、学習プログラムの提供を人材タイプ・レベル別に提供する。

 また、習得した知識・スキルの実践を各社のビジネスや業務を通じて行うための、伴走支援型のコンサルティングサービスも提供。自社内に実践環境を構築するのが難しい新ビジネスや専門領域については、デロイト トーマツで実践経験を積むことが可能だという。加えて、人材育成の前提になる組織全体のDX戦略や組織設計、デジタル人材が活躍するための風土変革・浸透といったニーズにも対応するとしている。

[画像クリックで拡大表示]

 サービスの主な内容は以下のとおり。

デジタル人材育成コンサルティング(Step1,2)

 DX推進における各社・各部門のニーズおよび課題を確認し、強化すべき機能・役割を明確化。求める人材像(人材タイプ)を定義する。なお、同社は人材タイプを「ビジネスプランナー」「データサイエンティスト」「AIエンジニア」「サイバーセキュリティスペシャリスト」「デジタルアーキテクト」「UXデザイナー」「UIデザイナー」と設定している。

 上記の人材タイプをベースに、各社が組織全体で必要な人数規模を設定。併せて、人材の知識・スキルなどの把握や、デジタル人材のタイプ別の候補者を見つけるための人材アセスメントを実施し、その結果に基づいて人材ポートフォリオを策定の上、その実現に向けた採用・配置・育成・評価・処遇方針を策定することで、デジタル人材育成体系を整備する。

デジタル人材育成・学習プログラムの提供(Step3)

 人材タイプとスキル習熟度ごとに、レベル別の学習プログラムを定義。eラーニングやワークショップ型の研修を提供する。たとえば、ビジネスプランナーに対してはデジタルスキル(DX企画立案、AI/IoT/5Gといったデジタル技術の基礎など)とビジネススキル(デザイン思考、チェンジマネジメント、ロジカルシンキングなど)の双方をバランスよく含めた研修を想定。研修の対象にはデジタル基礎人材も含まれており、全社的なデジタルリテラシーの習熟度の底上げを図る。

デロイト トーマツ グループでの実践経験の場の提供(Step4)

 研修受講者に、同社のデジタル関連プロジェクトに関与するなどのOJT経験を提供。身につけた知識を実践する機会を通じて、より深い知識の習得を促すという。デロイト トーマツ人材機構(DTHR)が直接の窓口となって教育委託契約を締結し、グループ各社での実習機会を提供する。

デロイト トーマツ グループのDX関連サービスの提供

 人材育成コンテンツや実践機会の提供のみでなく、企業の要望に合わせて、自社ビジネスの環境で実践をサポートする伴走支援や、デジタル人材が活躍するための組織全体の風土・カルチャー変革、チェンジマネジメント、または育成した人材の再配置と再配置後の支援までのサービスを提供する。

 また、企業のDX戦略策定から実装までのサービスを提供することも可能。同サービスも、DXビジネス変革、業務・テクノロジー変革、DX組織設計などの領域と連携させ、総合的な取り組みとして提供される。

【関連記事】
企業のDXを支援するオンライン研修「デジタル人材育成サービス」を提供開始―KPMGコンサルティング
デジタル化の課題、「上層部の理解が浅い」「ベテランが抵抗」など―MMD研究所調べ
大企業に聞いた「DX/デジタル化」に関する調査、6割が「ITベンダー頼り」―ドリーム・アーツ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4002 2022/04/22 19:30

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング