SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Winter

2024年2月1日(木)12:00~17:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

その他のスペック一覧

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2023

IT人材ラボニュース

50代のフリーランスエンジニアは直近2年で1.6倍に増加―レバテック

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 フリーランスエンジニアとしての経験年数は、1年未満が27.9%、1~10年が45.6%、10年以上が26.5%だった。1年未満と10年以上の間に大差はないことから、レバテックでは、50代からフリーに転身する人が一定数存在することが明らかになったと分析する。また、経歴1年未満のエンジニアは、SIer経由で業務システムの案件に参画する人が多く、経歴3年〜10年のエンジニアはWeb系の案件への参画が目立ち、収益基盤であるプロダクトを任されている傾向。経歴10年以上のエンジニアになると、研究開発案件に関わる人も目立つという。

[画像クリックで拡大表示]

 また、メインのスキルセット(プログラミング言語)は何かの質問では、C/C++が19.2%と最多。2位は、PHPの14.4%だった。情報系の学校や新卒入社時の研修でC言語を学んだエンジニアも多く、世代を反映する結果となったと、レバテックは述べている。

[画像クリックで拡大表示]

 対象のエンジニアからランダムに選んだ20名にヒアリングした結果として、次の回答が多く聞かれたという。レバテックはこの回答について、自身の理想とするワーク・ライフ・バランス実現を目的にフリーランスへキャリアチェンジする50代エンジニアが増えている一方で、その多くは今後の収入を不安視していると説明している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
IT人材ラボニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

IT人材ラボ(アイティージンザイラボ)

IT⼈材の「採⽤・育成・活⽤・評価」に役⽴つ記事(ノウハウ、事例など)やニュース、現場の声をまとめた調査レポートなどのコンテンツを、毎日お届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/1755 2019/07/04 17:24

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年2月1日(木)12:00~17:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング