HRzine

注目の特集・連載

知っておきたい! Web面接で失敗しないための実践的ノウハウ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 採用面接のオンライン化(Web面接)は、昨今ニューノーマルとして定着しつつあるところまできています。しかし、「Web面接ならではの特徴は何なのか?」「対面面接とどう違うのか?」といった観点ではまだあまり語られていないように、筆者は感じています。そこで本稿では、企業がWeb面接を導入・実施する上で役に立つノウハウ、注意すべきポイントなどについて、事例も踏まえ、できるだけ分かりやすく解説していきたいと思います。

事前準備編

 Web面接では事前準備が最も重要です。ハードウェア・通信などの環境面と、トラブルが起こった際の対応フロー、面接における判断基準・重視ポイント設定などの運用面の両方で万全の対策をとり、Web面接の本番前に不安な点をできるだけ解消しておきましょう。

ケース 1

 事前に会社でWeb面接システムのテストを行い、問題なく接続できることを確認していたが、面接当日はリモート勤務だったため、自宅から対応することに。開始時間前に接続しようとしたところ、Web面接システムにうまく接続できなかった。面接開始時間に遅れてしまい、応募者を待たせてしまった。

対 策

 接続テストは、必ず実際にWeb面接を行う環境下で実施するようにしましょう。現在のコロナ禍の状況ですと、会社、自宅、ホテル・貸会議室などが実施場所として考えられます。Wi-Fi・LANなどの回線とパソコンは、Web面接本番と同じものを用意した上で接続テストを行います(システムによっては、起動都度システム側でテストを行ってくれますので、そちらを利用しましょう)。テスト結果がOKであれば、その環境を維持して本番に臨みます。

ケース 2

 初めてWeb面接の面接官を担当することになったため、事前に先輩にお願いして面接のロールプレイングを行った。その結果、画面が暗い上に顔が見切れている、周りの騒音がひどくて声が聞こえづらい、背景に洗濯物が映り込んでいたなど、散々なフィードバックをもらってしまった。

対 策

 「面接官としてふさわしい環境」をあらかじめ準備しておきましょう(特に自宅の場合は要注意)。次のポイントを改善すると、ふさわしい環境に近づけることができます。

  • 自然光が採り入れられる、明るい場所で面接を行う(難しい場合は照明器具の導入を検討)
  • カメラの位置は目線の高さにできる限り合わせる(台や箱に乗せるなどして高さの調整を行う)
  • 騒音のない環境を作る(子ども・ペットなどの内的要因と、工事などの外的要因をともに考慮)
  • カメラに映り込む背景に気を配る(生活感のあるものを入れない、壁を背にするなど)

《コラム》Web面接は急速に普及の見通し

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が採用市場に大きな影響を与えているのは周知の事実です。Web面接特化型システム「インタビューメーカー」を提供する弊社(スタジアム)が調査したところ、今年度からWeb面接を導入した企業が72%、次年度以降もWeb面接を併用する意向を持っている企業が89%あることが判明しました。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 貝洲 岳洋(株式会社スタジアム)(カイス タケヒロ)

    株式会社スタジアム インタビューメーカー事業本部 マーケティング部。複数の広告会社にて主に不動産・家電業界の営業・プロモーション、化粧品・ゲーム関連企業のコミュニケーションプランニングなどを担当。その後デジタルマーケティングの会社にて制作・プロモーション業務に従事するなど、キャリアを通じてオフライン・オンライン問わず幅広くマーケティング領域に携わる。2020年より株式会社スタジアムにジョイン。

バックナンバー

連載:特別企画

もっと読む

HRzine
2020/11/10 06:00 /article/detail/2657
All contents copyright © 2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0