HRzine

注目の特集・連載

クラウド勤怠管理システムIEYASUが「子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得機能」を追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/12 23:40

 IEYASUは、同社のクラウド勤怠管理システム「IEYASU」に、「子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得機能」を追加した。有料プランで提供される。

 子どもの病気やケガ、家族の介護が必要な労働者が、年間につき5日(子ども・対象家族が2人以上の場合は10日)を限度として取得できる「子の看護休暇・介護休暇」。育児・介護休業法施行規則等が改正されたことにより、2021年1月1日からは時間単位での取得が可能になった。

<改正前>
  • 半日単位での取得が可能
  • 1日の所定労働時間が4時間以下の労働者は取得できない
<改正後>
  • 時間単位での取得が可能
  • 全ての労働者が取得できる

 IEYASUは、以前より子の看護休暇・介護休暇の「半日単位」での取得には対応していたが、この法改正に伴い「時間単位」での取得ができるようになった。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/01/12 23:40 /article/detail/2814
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0