HRzine

注目の特集・連載

2021年2月Amazon調べ 「人事・労務」のベストセラー書籍トップ50

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/22 08:00

 2021年2月の1か月間に、Amazonで最も売れた人事・労務関連本は何か――。本記事では、そのランキング1位から50位までを発表する(Amazon協力のもと、オフィス管理・OA、秘書を除く「総務・人事・労務管理」ランキングから作成)。また、ランキング内の注目書籍のほか、ランキング外・カテゴリー外だが気になる人事向け書籍も紹介する。

今月の注目書籍

働かないおじさんが御社をダメにする ミドル人材活躍のための処方箋

 2月の新刊で19位にランクインした『働かないおじさんが御社をダメにする ミドル人材活躍のための処方箋』は、刺激が強めのタイトルだが、多くの企業が直面し解決策を思案する課題を取り上げている。働かないおじさん(ミドル)問題は、彼らを会社から排除すれば解決するものではない。すぐに次の働かないおじさんが出てくるからだ。本書ではこの問題に正しくアプローチし、むしろ彼らの活躍で業績を伸ばした企業の共通点を伝える。

今いる社員で成果を上げる 中小企業の社員成長支援制度

 先月の152位から28位への大きく順位を上げた『今いる社員で成果を上げる 中小企業の社員成長支援制度』。中小企業に向け、後手に回りがちな人事制度・評価制度の整備方法と制度の運用方法について解説している。人事制度・評価制度は従業員のやる気や能力発揮、成長意欲に大きく影響する。一人ひとりの成果が会社全体の業績を左右する中小企業こそ、制度づくりに真剣に取り組みたい。

リモートマネジメントの教科書

 最後に紹介する48位の『リモートマネジメントの教科書』も今月の新刊。著者はコンサルタントとして、コロナ禍以前からさまざまな企業でリモートワークの導入を支援してきたという。その経験から同書では、リモートワーク下でのマネジメントについて、10のポイントと15のケースで紹介する。また、メンバーが果たすべき責任や会社がマネージャーに行うべき支援についても触れている。

*     *     *

 1位から50位までの全体ランキングについては次のページに掲載している。なお、前月順位についてはデータ取得の方法・仕様により変動する場合がある。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

    翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

  • 市古 明典(HRzine編集長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、2017年7月にエンジニアの人事をテーマとする「IT人材ラボ」を立ち上げ。2020年8月に人事全領域にテーマを広げた「HRzine」をスタートさせた。

バックナンバー

連載:Amazonランキング

もっと読む

HRzine
2021/03/22 09:26 /article/detail/2974
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0