HRzine

注目の特集・連載

ウィル・シードと協業し、内定者・新入社員向けの研修からTUNAGでの効果検証・改善まで提供―スタメン

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/22 17:33

 エンゲージメント経営の支援を強みとするスタメンは、人材開発の支援を強みとするウィル・シードと協業し、研修から検証までワンストップで提供する新たな支援体制を構築。新規顧客の開拓を目指すと発表した。

 昨今、働き方の変化や労働人口の減少による人材不足に加え、2020年より世界を襲った新型コロナウイルスの影響により、企業はテレワーク体制へシフトし、組織運営の難易度が日に日に高まっている。中でも、コロナ禍で入社する内定者や新入社員は、お互いの事を知るきっかけがなく、タテ・ヨコ・ナナメ関係が希薄化、不安や孤独感を感じやすくなっている。

 それらを理由として、入社前辞退や早期離職が起こりやすくなり、内定者や新入社員の育成・即戦力化に課題を持つ企業は少なくない。このような背景から、企業の組織課題の解決に向けて、同社はウィル・シードと協業し、エンゲージメント経営プラットフォーム「TUNAG(ツナグ)」を用いた、内定者・新入社員向けの特別研修を開発。研修を実施して終わりにしない研修を行う運びとなったという。

 ウィル・シードは、新入社員・若手人材の育成・研修やその実績を活かしたOJT・マネジメント・管理職研修を通して、取引先企業の人材開発支援をしている。スタメンは2016年の創業以来、エンゲージメント経営プラットフォームTUNAGを開発・提供し、会社と従業員、従業員同士の相互信頼関係の構築による、組織の一体感や生産高の向上、事業の成長を支援している。

 今回、2社がお互いの強みや蓄積されたノウハウを活かし合うことで、取引先企業の内定者・新入社員育成・エンゲージメント向上・組織活性化の一助となることを目指す。

[画像クリックで拡大表示]

 ウィル・シードは、取引先企業に対し、内定者・新入社員研修を実施。スタメンは、内定者・新入社員研修のプラットフォームとしてTUNAGを提供。研修の成果をTUNAGの数値で把握し、取引先企業にレポーティングを行い、TUNAGの活用状況から課題に合わせた研修を実施。研修と検証のPDCAを回すことで、組織の課題や状態に合わせた打ち手を実行する。

[画像クリックで拡大表示]

 また、両社は強い組織づくりに向けた「新入社員の定着、戦力化」施策セミナーを開催する。新しい働き方や社内でのコミュニケーションの変化が求められる中、新たに採用した新入社員を組織の一員として定着させ、戦力化していくかが重要なテーマとなる。人材育成と社内の組織づくり、それぞれ別の分野で強みやノウハウを持つ両社が、これからの「新入社員が活躍できる組織づくり」に必要な要素を解説する。

 セミナーの概要は次表のとおり。

日時 2021年8月25日(水) 14:00〜16:00 (開場13:45)
開催場所 オンライン(Zoomで実施)
定員 100名
対象者 「新入社員の定着、早期戦力化」施策に興味関心のある企業人材育成マネージャー・担当者
費用 無料
スケジュール
  • 第1部 14:00〜15:00 新入社員の活躍できる組織に必要なこと
  • 第2部 15:00〜16:00 パネルディスカッション
登壇者
  • ウィル・シード 代表取締役社⻑ 瀬田信吾氏
  • ウィル・シード 名古屋支社⻑ 田爪直樹氏
  • スタメン 代表取締役社⻑ 加藤厚史氏
  • スタメン カスタマープランニング部 部長 丸岡智泰氏

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/07/22 17:33 /article/detail/3420
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0