SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

オンボーディングはやりすぎでちょうどいい/プロ人事を招いた効果は絶大

-[Vol.043]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

━  ━━━━━━━━━━━━━━━━
HRzine Day 2022 Summer「人材が伸びる道理 ~自己成長の種をまく~」開催!
学習院大学 守島基博氏・メルカリ 木下達夫氏・ファンリーシュ 志水静香氏
ソニーピープルソリューションズ 早藤努氏 らが人材育成の課題を人事に解く!
日時:7月28日(木) 12:30~16:40 場所:オンライン 参加費:無料
詳細・参加申し込み⇒ https://event.shoeisha.jp/hrzday/20220728?utm_source=hrzine_regular_20220704&utm_medium=email&utm_campaign=hrzday20220728
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さま、こんにちは。HRzine編集長の市古です。
今回の人気記事ランキングNo.1は、次の記事でした。

●1位 NECが全社で取り組むエンゲージメント向上、確証のある打ち手を導き出し
 たプロセスとは


人材マネジメントと人事データ活用をたずねていく連載の第3回として、
NECに、同社が実施しているエンゲージメントのサーベイと向上策について
うかがっています。

人的資本経営の流れを受け、同社は2025年に達成するべきエンゲージメントの
目標を中期経営計画に組み入れました。
同時に、それまで自社で独自に作成・実施していたエンゲージメントサーベイを
海外製のサーベイサービスに切り替え、第三者による客観的な調査と分析を
もとに施策を検討するようになりました。

その成果として、エンゲージメント目標達成に向けて、マネジメントの具体的
課題が浮かび上がってきたといいます。

エンゲージメント向上に関心を持ち、サーベイを行う企業は増えています。
しかし、サーベイで得られたデータ(ファクト)に基づいて、向上の打ち手まで
落とし込めているでしょうか。
この点に課題を抱えている企業の方には、特に参考になる記事です。

[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] 人気記事ランキング
[3] 記事のリクエストも大歓迎です
[4] 配信停止の方法

HRzineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter  => https://twitter.com/hrzine_jp
* Facebook => https://www.facebook.com/hrzine

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(6/20~7/4)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆heyいわく「オンボーディングはやりすぎでちょうどいい」 “緊急じゃないが
大切なこと”の対処が課題
〈CxOと職種別オンボーディング対談 | #ex1〉
 新しい組織でスムーズに活躍してもらうことを目的とし、入社前後に集中的に情
報をインプットする「オンボーディング」を行う企業が増えてきた。しかし企業や
部門ごとに様々な定義がなされ、職種によっても適切な手法は異なるようだ。そこ
で本連載では、幹部人材紹介やタレントシェアリングなどで企業の成長を支援する
株式会社BNGパートナーズの岡本勇一氏が、様々な立場でオンボーディングに関わ
る方々をお迎えし、施策としての考え方や手法、課題感などを伺うなかで、効果的
なオンボーディングのあり方について探っていく。第4回は、商売のデジタル化を
支援する「STORES プラットフォーム」を展開するヘイ株式会社(以下、hey)で取
締役VP of People Experienceを務める佐俣奈緒子氏、CTOを務める藤村大介氏にご
登場いただいた。


◆プロフェッショナル人事を招いた効果は絶大 スカウトからプロパー育成、制度
見直しまで
〈インタビュー《外部人材活用》| フリーランス人事〉
 人事が企業の成長戦略に直結する人材の獲得・育成といった重要な役割を担うよ
うになった現在、その業務に要求される知見やスキルも高度化する一方だ。だが中
堅・中小規模の企業では、そうした専門性を持った人材がいるとは限らない。そこ
で注目されているのが、人事のプロフェッショナルに戦略策定や計画実施をサポー
トしてもらう「外部人材の積極的活用」だ。楽天グループの金融事業で投資信託関
連の業務を担う、楽天投信投資顧問株式会社では、将来の成長を見据えた新たな人
事体制の構築を決定。社外のコンサルタントや人事部門の管理職経験者を招いて、
若手人材の募集・育成などを主眼にした取り組みを進めている。今回の構築プロジ
ェクトの責任者を務める藤田大輔氏に、その狙いや成果を語っていただいた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 人気記事ランキング(6/18~7/1)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 NECが全社で取り組むエンゲージメント向上、確証のある打ち手を導き出し
 たプロセスとは


●2位 heyいわく「オンボーディングはやりすぎでちょうどいい」 “緊急じゃな
 いが大切なこと”の対処が課題


●3位 プロフェッショナル人事を招いた効果は絶大 スカウトからプロパー育成、
 制度見直しまで


●4位 リーダー・イノベーターに必要な素養まで磨ける「ドコモgacco」のeラーニ
 ングとは


●5位 法改正でどう変わったの? 男性育休制度 そのスムーズな運用のポイント
 とは


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 記事のリクエストも大歓迎です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、編集部まで
お気軽にご応募ください。
その他のご要望にも柔軟に対応してまいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/hz?token=&utm_source=22454&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/hz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 HRzine編集部
(c)2020 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

PR

Job Board

PR

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング