HRzine

注目の特集・連載

2022年卒予定の学生動向調査、オンライン化で地方学生のインターン参加意欲が向上―ヒューマネージ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/15 22:23

 ヒューマネージは、2022年3月卒予定の大学生・大学院生を対象としたインターンシップについて、学生動向の調査結果を発表した。

 2022年卒3月卒予定の大学生・大学院生を対象としたインターンシップについては、新型コロナウイルスの収束が見えない状況下でも多くの企業が7~9月より実施し、“新しい常態”を前提としたオンラインインターンシップが主流となっている。

 同社では、インターンシップのオンライン化が学生に与えた影響を確認するため、地域ごとの本エントリー率を算出したところ、次の結果となった。

インターンシップの地域別本エントリー率

 本エントリー率の全国平均は26.7%。これに対して、北海道地方(30.9%)、東北地方(32.3%)、中四国地方(30.2%)、九州地方(27.6%)は、いずれも全国平均を上回り、インターンシップへの高い参加意欲を表わしている。昨年と比較しても、この4エリアは本エントリー率が伸びており、インターンシップに参加したいと思っている学生の割合が特に増えていることが分かる。

 東京、大阪、名古屋を中心としたいわゆる三大都市圏は、企業の本社や支社が多く、従前よりインターンシップなどの参加機会が多い。今回、三大都市圏以外のエリア(北海道地方、東北地方、中四国地方、九州地方)で特にインターンシップの参加意欲が高まっているのは、オンラインインターンシップが普及したことで、学生にとって参加のハードルが下がったことが要因と考えられる。インターンシップのオンライン化が、企業と地方在住の学生との接点の増加につながっているといえる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2020/10/15 22:23 /article/detail/2606
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0