HRzine

注目の特集・連載

人事評価システム「BizForecast HR」を販売開始―プライマル

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/11 07:45

 グループ経営管理システム「BizForecastシリーズ」を開発しているプライマルは、シリーズの新ソリューションとして、人事評価システム「BizForecast HR」の販売を開始した。

[画像クリックで拡大表示]

 BizForecast HRは、使用しているExcel資産を取り込み、人・組織の人事評価・目標管理の制度設計項目を反映することで、集計・配信業務をクラウド上で管理する。BizForecast BC(予算実績管理)へ連携すれば、人事評価と経営管理へつなげる人件費シミュレーションで高度なグループ経営管理を実現できる。さらに、会計ERP、人事・給与とも連携し、業務効率化を推進する。

 BizForecast HRの特徴は以下のとおりと、プライマルは述べている。

●カスタマイズ性の高い評価シートを作成。評価項目や記入欄を自由度高く設定可能
人事考課(年1回)・目標管理(年2回)のパターンに対応しており、役職に応じた階層・ステータス状況が表示される。慣れ親しんだ使用中のExcelフォーマットを取り込めるのはもちろん、入力フォーマットの評価項目や記入欄は柔軟に設定可能かつ、Excel表現のWebブラウザで入力可能。Excel資産をそのままDBへシステム化できる。
●適切な評価業務のワークフロープロセスを実施。評価のバラつきを抑制
CSVで作成された組織を取り込めば組織構造が自動生成(ツリー表現)される。ワークフロー(承認ステップ)も同様に生成され、ワークフロー階層の入力/閲覧に関する閲覧権限で組織・人の評価におけるバラつきを抑制する。BizForecast HRからExcelへ入出力しての修正も可能。アクション履歴やメール連携機能も搭載されており、システムを操作するだけで被評価者との連携ができる。
●充実したレポート機能を搭載。人事評価を経営管理へつなげる
考課結果・評価分布のレポート機能で説得力のある昇格昇給をシミュレーションし、経営層へ報告できる。評価資料は過去2年分が別シートで保存されるため、上司が変わっても評価情報は保持され、1on1ミーティングの参考情報としても効力を発揮する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/06/11 07:45 /article/detail/3275
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0