HRzine

注目の特集・連載

新社会人(21卒)の約50%がすでに退職を検討―日本労働調査組合調べ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/15 21:30

 日本労働調査組合は、全国の18~23歳の新社会人(21卒)で会社員の男女472名を対象に「新社会人の勤務意識に関するアンケート」を実施し、結果を発表した。調査期間は2021年5月24日~5日27日。

 入社後に退職を検討したことがあるか、という質問には、「ある」が50.6%、「ない」が49.4%という結果となった。2021年4月に実施した緊急事態宣言解除後の退職動機に関するアンケートでは、「退職を検討したことがある」が44.0%だったが、翌月に実施した同アンケートでは50.6%となり、先月の会社員全体と比較して6.6%増加した。ゴールデンウィークが終わり、緊急事態宣言が続く中、入社から約2か月で約半数が退職を検討しており、新社会人が自身の将来に不安を感じている様子がうかがえる。

 また、性別比率は、「ある」と回答した「男性」が54.9%、「女性」が48.4%、「ない」と回答した「男性」が45.1%、「女性」が51.6%だった。微差ではあるものの、男性の退職意向が高く、女性の退職意向が若干低い結果となった。

[画像クリックで拡大表示]

 入社した会社で働き続ける場合に生じる懸念や不安については、第1位が「人間関係」で22.0%、第2位が「給料が安い」で17.0%、第3位が「やりがい」で8.2%、第4位が「給料が上がるか」で6.9%の結果となった。人間関係、給料関連は、退職動機では常に上位の理由で、次点に「やりがい」が来るのは新社会人らしさを感じる結果である。入社後に行う業務には「やりがい」を感じない作業関連が多いのかもしれないが、ただ作業をさせるのではなく、目的や必要性を対話によりコミュニケーションし、腑に落とした上で仕事に臨む、臨んでもらうことが、前向きに業務を続けていく上では大事になると考えられる。

[画像クリックで拡大表示]

 仮に退職をするとした場合の懸念や不安点については、第1位が「転職出来るか」で43.6%、第2位が「収入不安」で19.0%、第3位が「人間関係」で8.6%、第4位が「退職手続き」で5.5%の結果となった。4割以上が「転職出来るか」を懸念とし、コロナ禍で大変だったであろう就職活動を経て、この状況で転職先が見つかるのか、経験が少ない自身を採用してくれるのかという不安がうかがえる。

[画像クリックで拡大表示]

 入社した会社で働くことの最近感じるメリットについては、第1位が「自身の成長」で18.7%、第2位が「給料がいい」で12.4%、第3位が「人間関係が良好」で11.5%、第4位が「福利厚生」で10.0%の結果となった。新社会人は、給料よりも自身の成長を重要視していることが分かり、自身の成長ができればお金がついてくる、自身の成長がキャリアアップにつながると、目の前だけではなく長期的な視野で仕事に取り組んでいる様子がうかがえる。

[画像クリックで拡大表示]

 また、反対に入社した会社で働くことの最近感じるデメリットについては、第1位が「給料が安い」で13.9%、第2位が「長時間労働」で8.6%、第3位が「人間関係」で7.5%、第4位が「体調不良」で6.4%という結果となった。昨今ではYouTube、ライブ配信、Instagram、Twitterなどで若い世代が多く稼いでいるように見えるため、就職してフルタイムで働いて手取り15万円~だと少なく感じる人も増えている可能性が高い。給与面の価値観が少し変わってきているとも考えられる。

 さらに、全体ではカテゴリに属さない「その他」の回答が28.9%で最多となった。働くことのデメリットは人によりさまざまで、「異動がある」「研修が充実していない」「会社の将来性」「休日が不定期」「社内交流がない」などの声が挙がった。

[画像クリックで拡大表示]

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/06/15 21:30 /article/detail/3293
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0