SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

HRzineニュース

満足度が高い新入社員研修の形式は「eラーニング」 次いで「対面の講義型研修」—ライトワークス調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 ライトワークスは、人事担当者と研修受講者を対象に、「新入社員研修」に関する調査を実施した。

1名あたりの予算は約4万円がボリュームゾーン

 新入社員研修の1人当たりの予算で最も多かった回答は「4万円以上5万円未満」(14.9%)であった。次に、「3万円以上4万円未満」(11.4%)が続き、4万円程度がボリュームゾーンであることが分かる。

 また、人事担当者が最も重視している新入社員研修の目的は、「ビジネスパーソンとして必要な知識・ソフトスキルの習得」(29.4%)が最多であった。次いで「業務に必要な知識・ハードスキルの習得」(27.4%)となり、働くうえで必要なスキルを身に付けることが最も大きな目標となっているようだ。

受講者の満足度は「eラーニング」が高い傾向

 次に、新入社員研修を受講した人に、「対面での講義型研修」「オンラインでの講義型研修」「参加型研修」「eラーニング」に関する満足度を質問した。

 「オンラインでの講義型研修」は「対面での講義型研修」に比べて満足度が低いことが分かる。一方で、「eラーニング」は、他の実施形式と比べて満足度が高いことが読み取れる。実施の割合による回答数の違いはあるが、比較的好意的な所感が多いようだと同社は述べている。

学べてよかったことは「基本スキル」や「協調性」など

 働き始めてから新入社員研修を振り返り、「研修で学べて良かったと感じたこと」と「もっと学びたかったと感じたこと」を質問した。

 ビジネスパーソンとしての基本スキルや「協調性」「コミュニケーション能力」は、「学べて良かった」という回答が「もっと学びたかった」を大きく上回った。

 また、「もっと学びたかった」が「学べて良かった」を上回っているのは、「パソコンスキル」「プレゼンテーション能力」「セルフマネジメント能力」「語学、グローバル教育」「セルフマネジメント能力」であった。

 なお、同調査の概要は次のとおり。

人事担当者への調査
  • 調査対象:職種が「人事・採用・人材開発」の男女
  • 調査期間:2023年10月26日~29日
  • 調査方法:インターネット調査
  • 有効回答数:223件(男性:92件、女性:131件)
  • 実施機関:株式会社ライトワークス
近年の研修受講者への調査
  • 調査対象:高等学校・専門学校・短期大学・大学・大学院を卒業し、新入社員研修が実施されている民間企業へ就職した本年22歳~24歳の男女
  • 調査期間:2023年10月23日~24日
  • 調査方法:インターネット調査
  • 有効回答数:442件(男性:221件、女性:221件)
  • 実施機関:株式会社ライトワークス

【関連記事】
AI研修を求める従業員は50%以上 しかし過去1年間に受講した人は13%—ランスタッド
就活で企業の教育制度を重視する学生は9割以上 人気の施策は「社内研修」—学情調べ
研修の事務処理などの負担を軽減する「トレノケート研修事務局サービス」を開始—トレノケート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/5375 2023/12/18 20:00

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング