SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

HRzineニュース

DE&Iをグループ横断で推進するため「ワークデザイン推進委員会」を設置—オープンハウスグループ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 オープンハウスグループは、「ワークデザイン推進委員会」を設置したと発表した。これにより、多様な従業員が持続的に働ける環境を整え、ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョンに取り組んでいくと同社は述べている。

 同社では、直近3年で従業員数が70%増加。組織の拡大に伴って、女性、育児中のパパ・ママ、障がい者、シニア、ひとり親、外国人といった多岐にわたる人材の採用が広がり、従業員が抱える事情の多様化が加速しているという。

 同社はこれまでもインクルージョン施策として、「育休復帰の際、時短勤務2時間からOK」「ベビーシッター代月30万円まで補助」「ひとり親手当」「企業主導型保育園の利用」「出産お祝い金、1人目20万円、2人目30万円、3人目以降毎回100万円」「パラアスリート社員たちの練習と仕事の両立」「障がい者雇用率2.9%[1]」「サポートスタッフ常駐型雇用拠点の展開」といった取り組みを行っている。

 今回は、それぞれで取り組んでいた女性活躍推進や障がい者雇用といった各種テーマについて、グループ横断で推進する体制を整備するためにワークデザイン推進委員会を設置。管理職をリーダーとした各種ワーキンググループが、課題の掘り下げと対策、新たな推進策を実行する体制となる。

[1]: 2023年6月時点。

【関連記事】
85%以上の企業がDE&I推進に取り組むも、社員への啓発や参画意識に課題—JMAM調べ
性的マイノリティに関する社内研修「多様な性のあり方を学ぶ」の資料を無償公開―パーソルHD
女性管理職の割合が「30%以上」の企業は9.9% 「多様性」「人材確保」などに差—リクルート調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/5651 2024/04/15 13:30

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング