HRzine

注目の特集・連載

中途採用に欠かせない 採用目的の明確化とコミュニケーション

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/28 08:00

 どのような業務もまずは懸命に取り組もうという新卒入社者とは異なり、自らのスキルや経験を評価してもらい、それに見合った業務を任されると考えるのが中途入社者でしょう。しかし、そもそも採用時にミスマッチを起こしているとしたら、中途入社者は入社して早々に転職を考えてしまうかもしれません。このような入社者と企業ともに不幸な状況を避けるにはどうすればよいか。本稿ではその方法を解説します。

中途採用の現状と課題

 新型コロナウイルスの流行が開始してから、1年が経過しました。どの企業にとっても、この1年が非常に厳しいものであったことはいうまでもありません。中途採用市場も例外ではなく、昨年前半は中途採用の保留・凍結などが起こり、一時求人数は8割程度まで減少しました。

 しかし、昨年秋以降から徐々に回復し始め、今年に入ってからはすでにコロナ前と同水準まで回復しています。経済が元に戻ったとはいえませんが、企業はウィズコロナを受け入れ、現在の環境下で生き残るための戦略を立てて前進しています。採用活動が再開されたのも、このまま事態が解決するまで止めて置くわけにはいかないという状況においての判断といえます。現在出ている求人には、昨年の採用凍結で採用しそびれた人材の採用なども含まれますが、今後の採用増加も見込まれており、今年はまた中途採用市場が活発化するでしょう。

 さまざまな社会的背景や、労働者の働き方の多様化など、人事・採用担当者が考えなければいけない問題は後を断ちません。その中で、外資系企業・グローバル企業の人事・採用担当者の中途採用における課題として最も多かったのが「応募者のマッチ度」でした。

エンワールド・ジャパン調べ 2020年8月「中途採用実態調査」
エンワールド・ジャパン調べ 2020年8月「中途採用実態調査
[画像クリックで拡大表示]

 これらの問題が起きる理由は多数考えられます。企業の求人が適切な候補者に届いていない可能性、企業が求める要件が高く転職市場にいない可能性、募集要項にかかわらずキャリアアップ・スキルアップを狙う候補者が応募する可能性、人材紹介会社からの推薦者の精度が低い可能性などもこれに該当するでしょう。これらを解決するために、人事・採用担当者ができることは何でしょうか。その答えの一つであり、採用活動を行う上で最も重要なのが「採用目的の明確化」です

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 狐崎 壮史(キツネザキ タケシ)

    エンワールド・ジャパン株式会社 人材紹介事業部 営業統括部長/ヴァイスプレジデント

    海外営業などを経験した後、2006年にイギリス系の人材紹介会社にて人材紹介のキャリアをスタート。金融業界をはじめ、製薬・ヘルスケア業界、リテール業界・製造・流通、インターネット業界など幅広い業界における社内ITポジションの採用/転職を専門とするチームをマネジメント。2017年にIT企業/人材を専門とした営業部門のディレクター(部長)としてエンワールド・ジャパンに参画。2019年、外資系企業・日系グローバル企業の正社員採用を支援する営業部門全体の統括部長に就任。

バックナンバー

連載:入社後の定着と活躍を見据えた中途採用戦略
HRzine
2021/05/28 08:00 /article/detail/3228
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0