SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

過去の開催実績

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2021 Summer

2021年7月20日(火)12:30~17:00

最新資料

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

人事業務の効率化さらには戦略人事の実行に欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

その他のスペック一覧

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2021

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2020

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2020

HRzineニュース

「女性の平均年収ランキング2021」発表、全年代で400万円未満が半数以上を占める結果に―doda

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」は、「女性の平均年収ランキング2021」を発表した。2020年9月~2021年8月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した約45万人のデータから、正社員として働く20歳~65歳までの女性をピックアップし、まとめたものとなっている。

 同ランキングによれば、2021年の女性の平均年収は、去年と比べて減少トレンドであったという。一方、職種別で1位の「リスクコンサルタント」は、去年より71万円アップしている。また、「営業職」においては今回TOP50に8職種がランクインし、2番目に多い職種分類となっている。

 女性の平均年収は年代が上がるにつれて上昇するものの、男女全体の平均年収と比較すると上り幅が小さいのが現状だという。また、年収400万円未満の全体割合は女性が72.4%に対して、男女合計では57.1%と、年収差が見られる。これは、出産・育児にともなう時間の制約や仕事内容の変更、管理職への昇進機会などが影響しているものと推察している。

【職種別】「専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)」と
「金融系専門職」がTOP10の半数以上を占める結果に

 全165職種のうち、女性の平均年収ランキング1位は「リスクコンサルタント」(670万円)であった。昨年から71万円アップし、2つ順位を上げている。また、昨年は上位3位までをコンサルティング系の職種が占めていたが、今年は「金融系専門職」に分類される「投資銀行業務」(643万円)、「運用(ファンドマネジャー・ディーラー)」(620万円)が2位、3位にランクイン。これら2職種は、昨年からの年収額の上げ幅が大きかった職種TOP3にも入っており、「運用(ファンドマネジャー・ディーラー)」は1位で+126万円、「投資銀行業務」は2位で+113万円、「プロジェクトマネジメント」は3位で+112万円という結果になった。

職種別平均年収ランキング 上位10位 2021年・2020年・2019年比較
職種別平均年収ランキング 上位10位 2021年・2020年・2019年比較
[画像クリックで拡大]

 11の職種分類の中で、昨年より年収額が上がったのは、増加額の大きい順に「金融系専門職」(358万円→367万円)、「コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職」(509万円→514万円)、「事務・アシスタント職」(317万円→318万円)、「企画・管理職」(437万円→438万円)となった。「専門職(コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人)」は、全体の平均年収では前年比-25万円だったのに対し、女性の平均年収は前年比+5万円となり、男女合計した全体と女性で年収傾向に差が生じたという。

職種分類別平均年収
職種分類別平均年収

 全体傾向としては、「法務」(541万円)、「知的財産・特許」(537万円)といった「企画・管理職」が、上位50職種中のうち17職種で全体の約4分の1を占め、最多となった。次いで多かったのは、「営業職」で8職種。前回2位だった「コンサルティングファーム・専門事務所・監査法人専門職」は、今回は3番目に多く7職種がランクインしている。

【年代別】全年代において、年収400万円未満が半数以上を占める

 年代別では、20代は317万円(昨対比-4万円)、30代は378万円(昨対比+1万円)、40代は402万円(昨対比-1万円)、50代以上は435万円(昨対比+4万円)という結果になった。全体との差は、20代で24万円、30代で59万円、40代で100万円、50代以上で178万円と、年代の上昇とともに拡大している。また、すべての年代において、年収400万円未満の割合が半数を超えており、中でも30代女性は全体の60.8%であったという。年収500万円以上の割合は、30代の女性で全体の17.9%、40代で23.6%にとどまっている。

年代別の平均年収
年代別の平均年収

【エリア別】関東エリアが最も高く362万円で、2位の東海エリアの327万円を引き離す

 エリア別では、北海道・東北エリアは314万円(昨対比+4万円)、関東エリアは362万円(昨対比-4万円)、東海エリアは327万円(昨対比+2万円)、北信越エリアは312万円(昨対比+1万円)、関西エリアは325万円(昨対比-3万円)、中国・四国エリアは318万円(昨対比+2万円)、九州・沖縄エリアは312万円(昨対比+2万円)となった。

 都道府県別に見ると、1位は東京都で383万円(昨対比-3万円)、2位は神奈川県で352万円(昨対比-3万円)、3位は鳥取県で342万円(昨対比+2万円)という結果になっている。

エリア別の平均年収
エリア別の平均年収

【関連記事】
「平均年収ランキング2021」を発表、前年に比べマイナス傾向に―doda
マイナビ「正社員の平均初年度年収推移レポート」を発表、前年同月から8.1万円の増加
働き方に関する調査第1弾「女性活躍に関する調査」を実施、女性活躍「進んでいる」との回答は4割―マルコ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/3792 2021/12/16 14:04

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2021年7月20日(火)12:30~17:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング