SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

過去の開催実績

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2021 Summer

2021年7月20日(火)12:30~17:00

最新資料

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

採用活動の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2021

新・今どきの人事課題クリニック | #3

【管理職向け】女性が働きやすい環境を作るために意識するべきポイントとは

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 2022年3月英紙エコノミストが発表した「女性の働きやすさ※1」ランキングで、日本は主要29ヵ国のうち、昨年に続きワースト2位であったというニュースが日本中を駆け巡りました。「様々な状況に置かれた女性が、自らの希望を実現して輝くことにより、我が国最大の潜在力である『女性の力』が十分に発揮され、我が国社会の活性化につなげる※2」ことを目標に、「すべての女性が輝く社会づくり本部」が政府の内閣府男女共同参画局に設置されて約7年が経ちますが、本当に女性にとって働きやすい環境作りは進んでいるのでしょうか。今回は、私自身が女性へのマネジメントの中で気づいた、女性にとって働きやすい環境作りのポイントをお伝えします。特に女性メンバーがチームにいる管理職の方は参考にしていただけるとうれしいです。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

※1:朝日新聞デジタル「女性の働きやすさ、日本はワースト2位 英誌ランク付け

※2:内閣府「女性の活躍促進

女性のライフステージとキャリア形成の現実

 10年ほど前から、東京証券取引所と経済産業省は共同で、女性活躍推進に優れた上場企業を「なでしこ銘柄」として選定、紹介する取り組みを行っています。これは、中長期的な価値向上が見込まれる魅力ある企業として投資を促進することと、それにより各社の女性活躍推進の取り組みをいっそう促すことを目的としています(経済産業省「女性活躍に優れた上場企業を選定『なでしこ銘柄』」)。

 このように、女性の活躍推進に対する社会的な動きが加速している一方で、私の周りには結婚や出産を機に退職し、その後の復職に苦労する女性は未だに多くいます。2020年のワークライフバランスの実現状況についての調査では、離職のきっかけとして(1年以上の離職期間がある回答者が対象)、女性は「結婚」「第一子の妊娠・出産」が最も多いという現状が分かります。

離職のきっかけ(出典:男女共同参画局「共同参画」2020年5月号 ※PDF)
離職のきっかけ(出典:男女共同参画局「共同参画」2020年5月号 ※PDF)
[画像クリックで拡大表示]

 私は、どんなライフステージにある女性も、働くことを望む人が「働き続けることのできる環境作り」が必要であると思っています。そのような環境作りは、社会全体の労働力回復の第一歩にもなるでしょう。女性の持つポテンシャルを発揮できる環境を作り、女性の働き方に関する支援を行うことは、人口減少による「人材確保」が深刻な現代の企業において喫緊の課題であるともいえます。さらに、近年では女性管理職を増やすことが、社会全体でも提唱されています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー


次のページ
女性の管理職に対する意識と増やすための共有事項

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
新・今どきの人事課題クリニック連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

小澤 美佳(コザワ ミカ)

2008年に株式会社リクルートへ入社。10年間、HR一筋。中途採用領域の代理店営業、営業マネージャーを経て、リクナビ副編集長として数多くの大学で、キャリア・就職支援の講演を実施。採用、評価、育成、組織風土醸成など幅広くHR業務に従事。2018年 中米ベリーズへ移住し、現地で観光業の会社を起業。201...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/3959 2022/04/13 08:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2021年7月20日(火)12:30~17:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング