SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

HRzineニュース

新卒向けコンプライアンス研修の実施率は43% 従業員数501人以上の企業では約7割—manebi調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 manebiは、ビジネスパーソン400名を対象に、新卒社員のコンプライアンスに関する調査を実施した。

新卒社員にコンプライアンス研修を実施している企業は43%

 全体の80%が新卒社員が対象のコンプライアンス研修を「非常に重要」「まあ重要」と認識していることが分かった。一方で、実施率は43%となっている。

 また、従業員数別に見ると、100人以下の企業はコンプライアンス研修の実施率が半分を切っており、501人以上の企業は68%と差が見られた。

「対面」あるいは「eラーニング」が主流

 コンプライアンス研修の方法は、eラーニングで行う企業が34.3%、対面研修で行う企業が40.7%であった。

 なお、同調査の概要は次のとおり。

  • 調査内容:「企業コンプライアンス」に関する調査
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査実施日:2024年2月28日
  • 有効回答数:400
  • 調査対象者:25歳~60歳のビジネスパーソン

【関連記事】
オープン型オフライン研修「DX Boot Camp」をリリース 交流を通じた学びを提供—アイデミー
総合研修プラットフォーム「HR University」にて「研修管理機能」を提供—Hajimari
半数の人事が「キャリア自律への関心の高まり」を感じている 対応策は「研修機会の拡充」が最多—学情調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/5597 2024/03/25 19:30

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング