HRzine

注目の特集・連載

「転職意欲が向上した」人材は1年で6割から8割に増加―ビズリーチ調べ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/16 21:30

 ビズリーチは、同社が運営する転職サイト「ビズリーチ」において、ビズリーチ会員(平均年収740万円、平均年齢40歳 ※2021年1月末時点)を対象に、コロナ禍の状況下での転職活動に関するアンケートを実施し、結果を発表した。調査期間は2021年3月29日~4月4日で、有効回答数は775。

 今回のアンケートから、コロナ禍の状況下で、84.6%のビジネスパーソンの転職に対する意欲が向上したことが明らかになった。また、そのうちの22.6%は、新型コロナウイルス感染症拡大以降に転職を検討するようになったことが分かった。2020年4月に実施したアンケート結果では、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、「転職意欲が向上した」と回答した人は57%だったことから、長引くコロナ禍の影響で、ビジネスパーソンの転職意向が変化していることが顕著に現れたといえる。

[画像クリックで拡大表示]
[画像クリックで拡大表示]

 転職意欲が向上したと回答した人に対して、転職を検討する理由について聞いたところ、「企業・事業に将来性を感じられなくなったから(28.2%)」「経験・スキルが生かせていないから(27.9%)」「他の産業や業界を経験し、スキルの幅を広げておいたほうが良いと考えたから(11.4%)」などの回答があった。

 また、コロナ禍の影響を受けて注目されている業界や領域のうち、挑戦したい業界や領域について質問したところ「教育産業(31.7%)」が最も多く、「DX推進関連(28.3%)」「医療(27.7%)」「宇宙産業(20.9%)」が上位となった。コロナ禍の状況下で社会情勢や経済環境が激しく変わる中、自身の経験やスキルをさらに伸ばすために、新たな挑戦ができる環境を求める即戦力人材が多いことが明らかになった。

[画像クリックで拡大表示]
[画像クリックで拡大表示]

 さらに、転居を伴う転職に対する意識にも変化が見られた。コロナ禍の状況下で、転居して別の地域に勤務する転職についての考え方を聞いたところ、59.6%が「転居を伴う転職に前向き」と回答した。そのうち、「コロナ禍の状況下で、前向きに検討するようになった」人は27.1%を占めている。コロナ禍をきっかけに働き方や暮らし方を変えて、地方に移住するなど働く場所のニーズも変化していることが分かる結果となった。

[画像クリックで拡大表示]

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/05/16 21:30 /article/detail/3218
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0