HRzine

注目の特集・連載

「レバテック版 ITエンジニア転職白書2021」を公開―レバレジーズ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/10 08:00

 レバテックが運営するITエンジニア・クリエイター専門エージェントのレバテックキャリアは、全国の正社員として働くITエンジニア18歳〜50歳の男女1424名に調査を行い、「ITエンジニア転職白書2021」としてレポートにまとめた。調査期間は、2021年2月26日~3月2日。同レポートは、レバテックキャリアのWebサイトからダウンロードできる。

 仕事のモチベーションの第1位は「満足する給与がもらえること」(34.3%)、次いで「やりがいを感じられること」(15.8%)、「社内の人間関係が良好であること」(8.5%)となった。

 重要視する働き方において「給与」を選んだエンジニアのうち、25.5%が転職を3回以上している結果となり、自身の働き方において給与面に重きを置くエンジニアは転職を繰り返す傾向にあることが分かった。

 転職経験があるエンジニアは約3割という結果になった。また、転職回数についての質問では、「4回」もしくは「5回以上」と回答したエンジニアは合わせて全体のおよそ1割程度にとどまり、「1回」または「2回」と回答したエンンジニアは合わせて78%と、転職経験のあるエンジニアの大多数が1~2回の転職回数であるようだ。

 転職活動で活用した手段は、「エージェントの利用」が40.0%と最多。転職エージェントでは求職者とエンジニアをマッチングするだけではなく、キャリアアドバイザーとともに中長期的にスキルや年収のアップを実現できるキャリアのロードマップを一緒に考えることも可能。そのため、転職活動を初めてする人や、自身のキャリア形成に迷っている人などに多く利用されていると、レバテックキャリアは述べている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2021/06/10 08:00 /article/detail/3265
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0