SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

過去の開催実績

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2021 Summer

2021年7月20日(火)12:30~17:00

最新資料

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

採用活動の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

2024卒学生の46%がすでに就活を開始していると判明―ウォンテッドリー調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 ウォンテッドリーは「Wantedly」ユーザーに対し、2021年11月16日~23日の期間で、22卒143名、23卒176名、24卒79名の就活生計398名を対象に「就職活動に関する調査」を実施し、結果を発表した。

就職先選びで最も重視する項目は仕事内容のやりがい、最下位は知名度

 就職先を選ぶ際に重視することについて聞いたところ、どの卒業年度とも一番多かったのが「仕事内容のやりがい」であった。2番目については、22卒、および23卒では「自己成長性」が、24卒では「給与水準」が続くという結果となった。それぞれの項目を重視した理由について、「自分の仕事のモチベーションに繋がるから(仕事内容のやりがい)」「会社に関係なく個人としてスキルアップしていきたいと考えているから(自己成長性)」、「経済的に安定した暮らしがしたいため(給与水準)」といった声があがった。

U・Iターン就職の可能性がある23卒学生は22卒学生の約1.5倍

 U・Iターン就職の可能性について聞いたところ、22卒が最も低く20%であったのに対し、23卒は29%、24卒は27%という結果となった。「場所には固執していないので、状況次第では就職先はどこでも大丈夫です」(HAL大阪、3年生)という声もあった。

就活生が最も参考にしているのは企業のHP

 就活生が「とても参考にしている」と回答した情報源のトップは「各企業のHP」(94%)となり、次点で「就活イベントの情報」(73%)、「各企業の採用動画」(72%)が続いた。実際に役に立った情報源について聞いてみると、トップは「各企業のHP」(67%)であったが、参考にしている情報源では2番目だった「就活イベントの情報」(26%)が、「就活サービス内の記事」(33%)や「各企業の採用動画」(31%)、「就活YouTuber」(27%)を下回った。

 これについて、学生からは以下のような声があがったという。

  • 「実際に会社の採用ページを見てみるのが一番役に立った。条件、必須事項などを直接フィルターなしに見られるため」(広島大学、4年生)
  • 「LINEのオープンチャットは匿名でリアルな経験談を聞けることが良かった」(湘南工科大学、4年生)
  • 「まとめ系サイトでは実際の社風や待遇面などの生の声が聞けると思う」(静岡大学、大学院1年生)
  • 「その企業に就職・インターンしていた先輩や友人の口コミを聞き、実際の業務の様子や雰囲気について聞くのが一番参考になる」(東北大学、4年生)

就活に対する悩み、卒業年度で違い

 就活で困ることについて、22卒で最も多かったのは「どの情報を信じればよいかわからない」(39%)、23卒では「就活に時間を割くと学業が疎かになってしまう」(50%)、24卒では「自分が今後何がしたいか分からない」(42%)であった。学生からは「それぞれ言うことが違うので、誰の言うことをどれだけ信じて良いのかよくわからなかった」(筑波大学、4年生)などの声があがり、多くの情報や多様化するキャリア選択に課題を感じる声が見受けられたという。

各社ごとの履歴書作成に煩雑さを感じている学生が過半数

 「就活でこんなことがあったら良いと思うこと」について聞いたところ、「いちいち履歴書を準備するのではなく、一つのオンラインプロフィールさえ準備すれば良いと企業が認めてくれる」(62%)が1位、「SNSでカジュアルに就活できる」(41%)が2位、「やりたいことが何なのか、一緒に探してくれる人がいる」(40%)が3位となった。

23卒の89%、24卒の46%がすでに就活を開始

 就活開始時期について聞いたところ、22卒の100%が、そして23卒の89%、24卒の46%の学生がすでに就活を開始していることが分かった。大学1年生から就活を開始した学生の比率に注目すると、22卒の4%に対し、23卒では10%、24卒では27%と年々増加傾向にあり、就職に早期化の傾向が見られたという。

長期インターンシップへの参加割合、24卒が22卒、23卒を上回る

 長期インターンシップ(参加期間が1ヵ月以上)の参加割合について、22卒で66%、23卒で59%に対し、24卒では68%と、24卒が最も多い結果となった。参加理由について、「コロナ禍で就活が大変になるのではないかという懸念もあったので、大学一年生の6月頃には長期インターンシップに参加し始めた」(明治大学、2年生)、「面接でアピールできることを作るためにも、2年生の春から長期インターンシップに参加していました」(中央大学、3年生)などの声があがった。

 実際に行った長期インターンの内容については、「現在法人営業やメディア開拓をしています。今後は自分で食材宅配のサービスを作るべく、次はブロックチェーンエンジニアのインターンシップをやりたいと考えています」(明治大学、2年生)、「インサイドセールスとテレマーケティングで2社同時にインターンシップへ参加しています」(関西外国語大学、3年生)などの声があがったという。

22卒の94%がスカウトを受け取った経験あり

 企業からスカウトメッセージを受け取った経験があるか聞いたところ、22卒では94%、23卒では86%、24卒では66%の学生が「はい」と回答。特に24卒では、就活を開始している学生の割合(46%)を上回っており、学生は就活を開始する以前からスカウトメッセージを受け取っていることが明らかになった。

24卒の約42%が面接経験あり

 面接経験社数について聞いたところ、23卒では82%、24卒では42%が面接を経験しているという結果が出た。30社以上面接を受けた学生からは、「すべてオンライン面接で、会社に足を運んだことはなかった。自分の熱量が伝わりづらいのが唯一不安な点だった」(北海道大学、4年生)という声があがった。

23卒、24卒の13%がすでに1社以上の内定を獲得済み

 内定獲得状況について聞いたところ、22卒については91%が内定を獲得しており、23卒、24卒については、それぞれ13%の学生が1社以上の内定を獲得していることが分かった。

内定を複数獲得した際、すぐには辞退しないという就活生が半数以上

 内定を複数獲得した際にとった行動について、「複数の内定を保持し続けた」が58%、「第一志望を除いてすぐに断りの連絡を入れた」が42%という結果となった。

 それぞれの理由について聞くと、複数の内定を保持した学生で一番多かったのは「どの内定先も魅力的でなかなか決めきれなかった」(38%)となった。また、「内定取り消しが怖かった」「複数保持していると安心感があるので」といった、就職先を失うリスクを減らしたいという理由もあわせて36%という結果となった。

 一方、第一志望以外の内定先へ断りを入れた学生があげた理由について、一番多かったのは「申し訳ない気持ちがしたため」(73%)であった。

【関連記事】
2023卒の内々定率を独自調査、結果を発表―学情
2023卒学生の95.4%が第三者による採用プロセス代行に前向きな意見―アールナイン
2023年卒学生対象「就職人気企業ランキング」を発表、トップは4年連続あの企業―学情

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/3844 2022/01/20 19:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2021年7月20日(火)12:30~17:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング