SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

長時間労働が疑われる事業場に対する2021年度監督指導結果を公表、3万2025事業場が対象に―厚生労働省

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 厚生労働省は、2021年度に長時間労働が疑われる事業場に対して労働基準監督署が実施した監督指導の結果を、監督指導事例とともに公表した(PDF資料)。

 この監督指導は、各種情報から時間外・休日労働時間数が1ヵ月当たり80時間を超えていると考えられる事業場や、長時間にわたる過重な労働による過労死などに係る労災請求が行われた事業場を対象とする。

 今回対象となった3万2025事業場のうち、1万986事業場(34.3%)で違法な時間外労働を確認したとし、是正・改善に向けた指導を行ったという。このうち実際に1ヵ月当たり80時間を超える時間外・休日労働が認められた事業場は、4158事業場(違法な時間外労働があったもののうち37.8%)だった。

 なお今年度より、11月の「過重労働解消キャンペーン」期間中に重点的に実施した監督指導結果も同公表で集計・公表するという。厚生労働省では、今後も長時間労働の是正に向けた取り組みを行うとともに、同キャンペーン期間中に重点的な監督指導を行うとしている。

 2021年4月から2022年3月までの監督指導結果のポイントは以下のとおり。

(1)監督指導の実施事業場:3万2025事業場

(2)主な違反内容[(1)のうち、法令違反があり是正勧告書を交付した事業場]

1. 違法な時間外労働があったもの:1万986事業場(34.3%)

  • うち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が
  • 月80時間を超えるもの:4158事業場(37.8%)
  • うち、月100時間を超えるもの:2643事業場(24.1%)
  • うち、月150時間を超えるもの:562事業場(5.1%)
  • うち、月200時間を超えるもの:121事業場(1.1%)

2. 賃金不払残業があったもの:2652事業場(8.3%)

3. 過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの:6020事業場(18.8%)

(3)主な健康障害防止に関する指導の状況[(1)のうち、健康障害防止のため指導票を交付した事業場]

1. 過重労働による健康障害防止措置が不十分なため改善を指導したもの:1万3015事業場(40.6%)

2. 労働時間の把握が不適正なため指導したもの:5105事業場(15.9%)

【関連記事】
「<2022年版>労働&社会保険関連の法改正まとめ資料」を公開、人事労務業務を確認できるチェックリスト付き―マネーフォワード
労働者意識に関するグローバル調査「ランスタッド・ワークモニター」を発表、日本の労働者が求めるのは「現状維持」―ランスタッド
勤務先がブラック企業だと思う人の約7割、20代では約8割が退職を検討―日本労働調査組合調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4195 2022/08/02 17:45

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング