SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

労働者意識に関するグローバル調査「ランスタッド・ワークモニター」を発表、日本の労働者が求めるのは「現状維持」―ランスタッド

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 ランスタッドは、労働者意識に関するグローバル調査「ランスタッド・ワークモニター」を実施し、2022年上半期の結果と日本市場の数字を発表した。

 調査の概要と結果は以下のとおり。

  • 期間:2022年2月21日~3月13日
  • 対象地域:ヨーロッパ、アジア太平洋、南北アメリカの世界34の国と地域
  • 年齢:18〜67歳
  • 職業:最低週24時間以上勤務する従業員、個人事業主、あるいは今後就職活動を検討している失業者
  • 対象数:3万5000名
  • 最小サンプル数:500件(各市場)

スキルアップの機会を強く求める世界中の労働者

 世界的に進むデジタル化の波によって、個人でスキルをつける需要が非常に高まっていることが分かる結果となった。世界の労働者の88%が、機会を与えられれば研修育成プログラムに参加すると回答し、84%がチャンスがあればキャリアコーチに相談すると回答していることから、スキルアップへ意欲的なことが分かった。その中でも、若い世代はコミュニケーションスキルやリーダーシップなどのソフトスキルの育成機会を強く求めていることも分かる結果となった。この数字から、世界中の労働者は、若い世代を中心に強い成長意欲があり、スキルアップとコーチングの機会を求めており、雇用主に研修育成機会の増加を望んでいる現状が考察できる。

 また、新しいスキルの研修育成の重要性に価値を置いているのは中南米に多く、回答者の90%が、研修育成機会がキャリアと雇用適性のプラスになると回答した。それに対して、日本は44%と世界最低の数字を記録し、研修育成を最も軽視する傾向の市場であることも今回の調査で分かり、世界各国で大きな格差があることが明らかとなった。

研修育成の重要性
[画像クリックで拡大表示]

「仕事で不幸になるなら無職の方がよい」と回答した日本人は世界で最も低い数字に

 今回の調査で注目の結果となったのは、ライフスタイルと仕事の両立である。新型コロナウイルスの影響後、ライフスタイルを重視して働く労働者が世界的に増加。今回の調査でも、半数近くの労働者(48%)がお金の問題がなければ、あえて働かない、と回答するなど個人の幸せの在り方が重視されていることが考察できる。その中で、「仕事で不幸になるなら無職の方がよい」と回答した日本人は、世界中の労働者33%に対して、15%と世界中の市場で最も低い結果となった。日本では、世界的な潮流から乖離があり、現状では無職になるならネガティブな事象を我慢してでも定職に就く人が多いことが分かった。

日本の労働者は現状を維持するために働く人が多い

 先述のとおり、世界の労働者が成長意欲を強く持っているのに対して、日本の労働者は、現在の雇用先でのキャリアアップを望んでいる人は29%と、世界中の労働者の40%を大きく下回る結果となった。この数字は、34の国と地域の中で最も低い順位となっている。また、現在の雇用先以外でキャリアアップを望んでいるかの質問についても21%と回答しており、日本の労働者が昇進や地位などを求めていないことを示している。

 加えて、日本は、「社会に貢献する仕事だと感じられるなら、報酬が下がってもかまわない」という回答も、世界中の労働者の34%から乖離がある13%を記録した。この結果から、日本よりも世界各国の方が、企業の社会貢献に対して、積極的に興味を持っていることが分かる。一方で、日本は、社会貢献よりも収入を重視する点がありながらも、雇用先でのキャリアアップは望んでおらず、現状の生活を維持するために働く人が多いのではないかと考えられる。

 なお、2022年ワークモニター第1版のレポート全文は、下記から日本語版、英語版(オリジナル)ともに無料でダウンロードできる。

【関連記事】
仕事に対する意識調査、日本人の仕事への期待値は3年連続最下位―リンクトイン
「異動とキャリア開発に関する意識調査」結果を発表―リクルートマネジメントソリューションズ
コロナ禍における転職意識調査、経営・管理職人材の約6割が転職意欲に変化―プロフェッショナルバンク

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4054 2022/05/31 13:10

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング