SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

約2割がメンタル不調で休職経験ありと回答、休職中不安だったことは「金銭面」が最多―女の転職type調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 キャリアデザインセンターは、「メンタル不調による休職」についてアンケートを実施し、その結果を発表した。

 調査の概要と結果は以下のとおり。

  • 調査期間:2022年6月30日~7月11日
  • 有効回答数:女性755名
  • 調査対象:「女の転職type」会員
  • 調査方法:Web上でのアンケート

Q.1職場にメンタル不調で休職している人はいる?

 「女の転職type」会員に職場にメンタル不調で休職している人がいるかどうかを聞いたところ、「現在はいないが過去にいた」が最も多く46.0%だった。「現在いる」は22.3%となっており、約7割の人の職場でメンタル不調で休職した実績があることが分かった。

Q.2 メンタル不調が原因で休職したことある?

 あなた自身、メンタル不調が原因で休職したことはあるかどうかを尋ねると、「休職も有給休暇も取ったことはない」が1位で51.7%だった。「休職はないが有給休暇を取ったことがある」が27.2%、「休職したことがある」も21.2%おり、メンタル不調で有給や休職に至っている人が約半数いた。

Q.3 どのくらい休職した?

 Q.2で「休職したことがある」と回答した人に、どの程度休んだかを尋ねると、1位「数ヶ月程度」33.8%、2位「1ヶ月程度」19.4%、3位「1年程度」15.0%となった。約3割が半年以上と、休職が長期化していることが分かった。

Q.4 メンタル不調に陥った原因は?

 メンタル不調に陥った原因は、1位「職場の人間関係」58.3%、2位「業務量の過多」41.2%、3位「職場のハラスメント」39.8%となった。その他の意見としては、「コロナ」「育児との両立」「不妊治療」などがあった。

Q.5 メンタル不調時の症状は?

 メンタル不調時の症状は、1位「憂うつ」70.4%、2位「不安感」67.1%、3位「不眠」58.3%となった。その他の意見としては、「過呼吸」「頭痛」「めまい」などがあった。

Q.6 休んでいる間、不安に思ったことは?

 休んでいる間、不安に思ったことはどんなことだったかを尋ねると、1位「金銭面」が50.3%となり半数が回答した。2位以降は「いつ快方に向かうか」44.5%、「職場に迷惑をかけていないか」43.1%、「社会復帰できるか」39.2%が続いている。その他の意見としては、「異動できるか」「転職できるか」などがあった。

Q.7 メンタル不調を乗り越えるために大切だと思うことは?

 メンタル不調を乗り越えるために必要なことは、「十分な休息や睡眠」が82.3%で圧倒的1位だった。次いで「心を許せる人と過ごす」64.1%、「異動や転職」53.3%、「バランスのいい食事」44.2%と続いており、リラックスすることや環境を変えることが大切だと思う人が多いようだという。

Q.8 休職期間終了後はどうした?

 休職期間終了後はどうしたかを尋ねてみると、「転職した」が1位で48.8%だった。2位は「元の職場に復帰した」18.8%となったが、「退職したまま働いていない」や「まだ休職中」もそれぞれ10%程度おり、いまだ休職から復帰できていない人もある程度の割合を占める結果となった。

Q.9 休職明けにあったらいいと思う制度やサポートは?

 休職明けにあったらいいと思う制度やサポートは、1位「時短勤務」65.2%、2位「在宅勤務」61.5%、「業務量の調整」57.4%となった。メンタル不調に陥った原因でも、「職場の人間関係」や「業務量の過多」が上位だったため、時短などの柔軟な働き方や、職場と距離が取れる在宅勤務などが求められている実態が見て取れたという。

【関連記事】
8割の管理職・部長層が「健康経営」を認知、「メンタルヘルスに関する教育・指導」を重要視―iCARE調べ
人事の約6割が「テレワークで従業員のメンタル不調が増加」と回答―SEN調べ
従業員のメンタル・フィジカル・エンゲージメントの変化をすばやく把握できる機能をリリース―ラフール

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4202 2022/08/04 17:16

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング