SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzine Day 2022 Summer セッションレポート | #3

創業以来「個」を活かすことにこだわってきたソニー 人材育成の最新施策とは

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 創業以来、「自分のキャリアは自分でつくる」という考えのもと、「個」を重視し、一人ひとりの活躍や自立を意識した取り組みを推進してきたソニー。グローバルで約11万人の社員を抱えながら、どのような人事施策に取り組んでいるのだろうか。本稿では、ソニーグループ内の人材開発を担当しているソニーピープルソリューションズ株式会社より人材開発部 統括部長 早藤努氏が登壇したHRzine Day 2022 Summerの特別講演「ソニーの人材マネジメント ~個に寄り添った人材育成とは~」の模様をお届けする。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

早藤 努

早藤 努(はやふじ つとむ)氏
ソニーピープルソリューションズ株式会社 人材開発部 統括部長
官公庁、コンサルティングファームを経て、2008年ソニー株式会社(現 ソニーグループ株式会社)入社。基幹人材育成、指名・報酬委員会事務局等に携わる。ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社人事部長を経て、2021年5月より現職。ソニーグループにおける人材育成施策の企画・運営等を担当。

だからソニーは「個」を大切にする

 ソニーが人事施策に取り組む上で大きな礎になっているのは、1946年の創業以来、脈々と受け継がれている企業文化だという。創業者の井深大氏が作成した設立趣意書には、「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき、自由闊達(かったつ)にして愉快なる理想工場の建設」としたためられており、これが「個」に着目する姿勢の原点となっているのだ。

 加えて、もう1人の創業者である盛田昭夫氏が1989年の入社式で残したスピーチから、「自分の人生をソニーで送っていいのかどうかをよく考えてほしい」「あなた方が本当に働きがいを感じ、働く喜びを持ってソニーに居て欲しい」という言葉を引用した早藤氏。ソニーで働くことに働きがいを感じ、喜びを持っている人が集まっているからこそ、どの会社にも負けない会社になるのだ。

 こうした創業者の理念をもとに、現在のCEOである吉田憲一郎氏がまとめたのが「Sony's Purpose & Values」である。「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」というPurpose(存在意義)と4つのValues(価値観)。Valuesの1つにも“Diversity(多様性)”が組み込まれているが、会社であるソニーとその中で会社を動かす人がPurposeを中心に、相互成長作用を起こしていくと考え、「Special You, Diverse Sony」というSony's People Philosophyを掲げている。

[画像クリックで拡大表示]

 つまり、ソニーの人事では、多様な「個」を軸とした人事戦略(個を求む、個を伸ばす、個を活かす)を立て、社員一人ひとりが力を伸ばし、最大限に発揮できる環境づくりに尽力しているのだ。

[画像クリックで拡大表示]

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー


次のページ
エンゲージメント向上のための3つの人事施策

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine Day 2022 Summer セッションレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

野本 纏花(ノモト マドカ)

フリーライター。IT系企業のマーケティング担当を経て2010年8月からMarkeZine(翔泳社)にてライター業を開始。2011年1月からWriting&Marketing Company 518Lab(コトバラボ)として独立。共著に『ひとつ上のFacebookマネジメント術~情報収集・人脈づくり・...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4279 2022/09/16 08:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング