SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

HRzineニュース

採用成功企業の63.3%が採用活動で「動画」を活用、「内定承諾率の向上」を実感―Candee調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 Candeeは、2022年度の採用活動において、採用成功企業における動画活用の実態調査を実施し、その結果を発表した。

調査サマリー<br/>[画像クリックで拡大表示]
調査サマリー
[画像クリックで拡大表示]

 調査の概要と結果は以下のとおり。

  • 調査方法:リサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
  • 調査期間:2022年11月11日〜11月12日
  • 有効回答数:2022年度の採用活動において、目標人数の採用を達成した企業の採用担当者(経営者・役員・人事)109名

6割以上の企業が、採用活動において「動画」を活用している

 「Q1.あなたのお勤め先では、採用活動において『動画』を活用していますか。」(n=109)と質問したところ、「取り入れている」が63.3%、「取り入れていない」が34.9%となった。

Q1
[画像クリックで拡大表示]

採用活動における動画コンテンツの活用シーン、「自社採用サイト」が69.6%で最多

 Q1で「取り入れている」と回答した人に、「Q2.採用活動における動画コンテンツの活用シーンについて、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=69)と質問したところ、「自社採用サイト」が69.6%、「求人サイト」が66.7%、「YouTubeでの公開」が52.2%だった。

Q2
[画像クリックで拡大表示]

「効果の高い」動画コンテンツの内容や要素、「企業のイメージ・アピール動画」が72.5%で最多

 Q1で「取り入れている」と回答した人に、「Q3.採用活動において、『効果の高い』動画コンテンツの内容や要素について、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=69)と質問したところ、「企業のイメージ・アピール動画」が72.5%、「職場見学や施設紹介動画」が63.8%、「事業紹介動画」が60.9%となった。

Q3
[画像クリックで拡大表示]

動画コンテンツを採用活動に取り入れるメリットとして、6割以上が「内定承諾率の向上」を実感

 Q1で「取り入れている」と回答した人に、「Q4.動画コンテンツを採用活動に取り入れたことによるメリットについて、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=69)と質問したところ、「内定承諾率の向上につながった」が62.3%、「選考通過率の向上につながった」が52.2%、「採用後のミスマッチが起きにくくなった」が52.2%だった。

Q4
[画像クリックで拡大表示]

動画コンテンツを採用活動に取り入れたことによるメリット、「いつでもどこでもアクセス出来る」「話が円滑に進む」などの声

 Q4で「わからない/答えられない」以外を回答した人に、「Q5.Q4で回答した以外に、動画コンテンツを採用活動に取り入れたことによるメリットがあれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=69)と質問したところ、「学生がいつでもどこでもアクセスできること」や「事前にある程度の雰囲気をつかんだ上で聞いてくれるので、話が円滑に進む」など42の回答を得られた。

採用活動における動画コンテンツの制作費、半数以上が「300万円以上」かけている実態

 Q1で「取り入れている」と回答した人に、「Q6.採用活動における動画コンテンツの制作費を教えてください。」(n=69)と質問したところ、「300万円〜500万円未満」が36.2%、「200万円〜300万円未満」が18.8%となった。

Q6
[画像クリックで拡大表示]

94.2%が、採用活動における動画コンテンツは、採用活動以外のシーンでも役に立っていると実感

 Q2で「取り入れている」と回答した人に、「Q7.採用活動における動画コンテンツは、採用活動以外のシーンでもあなたのお勤め先の役に立っていると思いますか。」(n=69)と質問したところ、「非常にそう思う」が44.9%、「ややそう思う」が49.3%だった。

Q7
[画像クリックで拡大表示]

採用活動以外のシーンでも約に立っていると思うポイント、「自社のブランディングにつながる」が73.8%で最多

 Q7で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した人に、「Q8.あなたが、採用活動における動画コンテンツが採用活動以外のシーンでも役に立っていると思うポイントについて、当てはまるものを全て教えてください。(複数回答)」(n=65)と質問したところ、「自社のブランディングにつながる」が73.8%、「マーケティングにおける集客装置になっている」が58.5%、「コンテンツの使い回しができる」が52.3%となった。

Q8
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
「インフォグラフィック採用動画」をリリース、求人票や会社説明資料を1~2分の動画に―WOKE
中途採用動画サービス「Recruitingshare」を提供、触れる動画と分析レポートで業務負担軽減へ―ミライヘ
採用動画視聴により7割の就活生が志望度上昇、採用動画は「あったほうがいい」は9割超え―プルークス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4483 2022/12/06 17:57

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング