SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Summer

2024年7月25日(木)10:30~17:30

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

eラーニング・LMS<br>主要製品スペック一覧 2024

eラーニング・LMS
主要製品スペック一覧 2024

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

HRzineニュース

新卒採用意欲は2年連続で回復、5割以上の企業が初任給引き上げを実施または予定―リクルートワークス研究所調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 リクルートの人と組織に関する研究機関であるリクルートワークス研究所は、民間企業における、2024年卒の新卒者を対象とした採用見通しに関する調査を実施し、その結果を発表した。

 調査の概要と結果は以下のとおり。

  • 調査方法:電話・FAXにて回収
  • 調査対象:従業員規模5人以上の全国の民間企業7200社
  • 有効回答数:4341社(回収率60.3%)
  • 調査実施期間:2022年10月4日~11月9日

2024年卒者の新卒採用見通し(大学生・大学院生)

 前年と比較して、新卒採用数が「増える」企業の割合が15.5%であり、「減る」は3.6%であった。「増える-減る」のポイントは+11.9%ポイントとなり、2023年卒の+7.0%ポイントからさらにプラスの幅が増加した。また、「わからない」が2023年卒の24.1%から22.6%へ-1.5%ポイントと2年連続で減少した。また、前年に続き、大企業を中心に採用意欲が回復した。

 業種別に見ると、全ての業種において「増える」が「減る」を上回った。特に「増える-減る」のポイントが大きい業種は、情報通信業(+19.3%ポイント)、飲食店・宿泊業(+17.1%ポイント)、卸売業(+13.9%ポイント)、機械器具製造業(+13.2%ポイント)、金融・保険業(+13.2%ポイント)などとなった。

新卒採用見通しの前年比較の推移(大学生・大学院生)

 「増える-減る」のポイントは+11.9%ポイントだった。コロナ禍による景況感の悪化のため、2022年卒は10年間続いた採用数増加傾向が途絶え、マイナスとなった(-3.9%ポイント)。しかし、2023年卒はコロナ禍による採用意欲の停滞からの反動で、一転してプラスとなった。2024年卒はさらに採用意欲が回復し、「増える-減る」のポイントは比較可能な2011年卒以来、最大となった。

 「増える-減る」のポイントの伸び幅は+4.9%ポイント(2023年卒の+7.0%ポイントから+11.9%ポイント)。これは比較可能な2011年卒以来で、2023年卒の+10.9%ポイントと2012年卒の+5.6%ポイントに次ぐ伸び幅である。「減る」と回答した企業の割合は3.6%で、比較可能な2011年卒以来最も少なくなった。

初任給の引き上げ(大学生・大学院生)

 人材採用戦略として初任給の引き上げを実施または予定しているかを質問した。「すでに取り組んでいる」企業の割合は27.8%、「今後取り組む予定である」企業は27.1%となり、合わせて54.9%の企業が初任給の引き上げを実施、もしくは予定している。前年の44.5%から+10.4%ポイントと大きく増加した。5000人以上の企業において、積極的な初任給引き上げが目立つが、中小企業にもその傾向はみられる。

2023年卒採用における充足率(大学生・大学院生)

 10月1日時点の2023年卒の新卒採用の充足率(=2022年10月1日時点の内定数÷2022年4月時点の採用予定数)は78.5%と2014年卒以来で最低となった。採用意欲の回復に対して、実際の採用は計画通りに進んでいないことが分かる。

 なお、同調査の詳細データは、リクルートのWebサイトから確認できる。

【関連記事】
24卒学生の11月後半時点での志望業界1位は「インターネットサービス」、就活準備状況など明らかに―ディスコ調べ
24卒学生の11月末時点での内々定率は8.7%、従業員規模が大きい企業ほど早期内々定出しを実施―学情調べ
企業の43%が「24卒内定出し」を2023年3月より前に開始、新卒採用の早期化が明らかに―ジェイック調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4525 2022/12/22 15:10

Special Contents

AD

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年7月25日(木)10:30~17:30

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング