HRzine

注目の特集・連載

オデッセイコミュニケーションズ、MOS 2007試験の一斉終了を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/06 09:00

 オデッセイコミュニケーションズは4月1日、マイクロソフトのオフィス製品の利用スキルを認定する資格「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」(通称:MOS)のうち、Office 2007を対象とする「MOS 2007」の試験、全7科目が3月末で終了したことを発表した。

 MOSはExcelやWordなど、マイクロソフトのオフィス製品を利用するスキルを、マイクロソフトが認定する資格で、日本国内ではオデッセイコミュニケーションズがマイクロソフトより委託されて運営している。

 MOS 2007は、2007年7月にリリースされたMOS Word 2007、同Excel 2007を皮切りに、MOS PowerPoint 2007、同Access 2007、同Outlook 2007の試験を実施。2011年8月には、上級資格であるエキスパートがWord 2007とExcel 2007を対象にリリースされた。

 今回、エキスパートも含め、次に挙げるMOS 2007の7試験すべてが終了となった。

  • MOS Word 2007 スペシャリスト
  • MOS Word 2007 エキスパート
  • MOS Excel 2007 スペシャリスト
  • MOS Excel 2007 エキスパート
  • MOS PowerPoint 2007
  • MOS Access 2007
  • MOS Outlook 2007

 現在、実施されているMOS試験は以下のとおり。なお、MOSの受験方法には、毎月1~2回(いずれかの日曜日)に指定会場で実施される「全国一斉試験」と、最寄りの試験会場で受験日を選んで受験できる「随時試験」の2種類がある。受験料は、一般価格が9800円(税別)、学割価格が7800円(税別)。

試験科目 スペシャリスト
レベル(一般)
エキスパート
レベル(上級)
Word
(文書作成ソフト)
Word 2013 Word 2013 エキスパート Part1(※)
Word 2013 エキスパート Part2(※)
Word 2010 Word 2010 エキスパート
Excel
(表計算ソフト)
Excel 2013 Excel 2013 エキスパート Part1(※)
Excel 2013 エキスパート Part2(※)
Excel 2010 Excel 2010 エキスパート
PowerPoint
(プレゼンテーションソフト)
PowerPoint 2013
PowerPoint 2010
Access
(データベース管理ソフト)
Access 2013
Access 2010
Outlook
(電子メール・情報管理ソフト)
Outlook 2013
Outlook 2010

※MOS 2013エキスパートレベルはPart 1、Part 2の2科目に合格すると認定証が発行される。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2016/04/06 10:54 /article/detail/107
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0