HRzine

注目の特集・連載

富士通ラーニングメディア、プログラミングの基礎知識を身に付けるドリル帳のJava版を提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/21 10:00

 富士通ラーニングメディアは、Javaプログラマ向けの「プログラマー早期育成ドリル」の提供を開始した。紙面に印刷されたドリル式教材で、問題を解いていくことにより、プログラミングの基礎知識となる文法や考え方が身に付くという。.NETプログラマ向け(VB編およびC#編)に続くリリースとなる。

 紙面に印刷された問題集なので、PCやプログラミング環境がなくても机上で学習を進められる。問題は1ページに1問ずつ。正解は同社のWebサイトからPDFで配布され、間違えやすい部分に関しては解説も付記されている。

 ドリルは「リーディング(読み)」編と「ライティング(書き)」編に分かれており、Javaプログラマ向けドリルでは、それぞれ30問ずつ収録されている(.NETプログラマ向けは各50問)。まず既存のプログラムを読めるようになりたい人はリーディング、自力でプログラムを書けるようになりたい人はライティングがお勧めだという。

「プログラマー早期育成ドリル」の紙面イメージ。ただし、VB編 コードライティングのもの(出典:[富士通ラーニングメディアのWebサイト](http://www.knowledgewing.com/kw/recommend/course/img/sample_drill_w_b.jpg)
「プログラマー早期育成ドリル」の紙面イメージ。ただし、VB編 コードライティングのもの
(出典:富士通ラーニングメディアのWebサイト

 プログラマー早期育成ドリルのラインナップは次のとおり。価格は各冊1000円(税抜き)。Javaプログラマ向けの「ステップアップ編」は、2016年12月以降にリリースされる予定だ。スキマ時間を使ったスキルアップに、懐かしのドリル帳を活用してみてはいかがだろう。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2016/10/21 10:00 /article/detail/246
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0