HRzine

注目の特集・連載

参加してよかった! テレワーク下の従業員を守るオンラインイベントを企画する

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロナ禍になり、多くの企業が導入したテレワーク。半ば強制的に広がったこともあり、私たちにさまざまな課題を突きつけました。とりわけ、働く環境が激変した従業員は、毎日のリズムやサイクルを乱したり、孤独にさいなまれたりしています。本稿では、シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(以下、シトリックス)がこのような状況に置かれている従業員を守るべく、開催したオンラインイベントをご紹介します。成功のために外せないポイントも解説します。

従業員のケアをいち早く実施

 ソフトウェアを提供し、テレワークによる働き方改革を支援するシトリックスでは、コロナ前から柔軟な働き方を提唱しており、従業員にテレワークやモバイルワーク環境を提供してきました。新型コロナウイルスの感染が拡大しはじめると、テレワーク勤務の推奨や海外出張の原則禁止などを実施。そして、東京都が外出自粛要請を出した翌日(2020年3月26日)には、全従業員に在宅勤務を指示しました。

 もともとテレワークに必要なIT環境は整っていたので、全従業員が在宅で働くこと自体に支障はありませんでした。しかし、次から次へと行われるオンライン会議や、雑談や移動時間がなく絶え間なく働き続けられる環境下で、従業員が常時デジタルに埋没していくことは明らかでした。メンタルヘルスの悪化や孤立化が課題となるのも時間の問題だったので、シトリックスでは従業員をケアする活動をいち早く始めました。具体的には、ラジオ体操や、従業員が講師となって行うボクササイズ、メディテーション(瞑想)などのプログラムを定期的に実行しました。

参加率の低下に対応

 とはいえ、さまざまな企画を行う中では、参加率にばらつきが出たり、定期的なイベントの参加率が下がったりすることがありました。それは、テレワークがBCP(事業継続計画)としての一時的な対策としてではなく、長期化することを従業員が感じ、それぞれがテレワークとの上手な付き合い方を見出し始めた時期でした。世間的にも人々が「オンライン飲み会」に疲れ始めてきた頃かもしれません。そこで、各部門にまたがる有志がプロジェクト化し、改めてプログラムのあり方を再考しました。

 まず、ラジオ体操やボクササイズなど、定期的に行っていたイベントはそのまま継続しました。これは実施の目的が、就業時間内でも体を動かし休憩を取ることの啓蒙だったからです。

 その他のイベントは、オンラインだからこそ楽しんでもらえるプログラムを、目的を明確にした上で企画する方向にシフトしていきました。そして、ここでしかできない体験を、会社の伝えたいメッセージと一緒に構築することで、参加率とともに参加者の満足度も向上しました。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

HRzine
2021/11/01 08:00 /article/detail/3599
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0