SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

過去の開催実績

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2021 Summer

2021年7月20日(火)12:30~17:00

最新資料

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

採用活動の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2021

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

「2021レジュメ検索トレンド」を発表、「DX」の検索数が最も上昇―ビズリーチ調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 ビズリーチが運営する転職サイト「ビズリーチ」は、2021年に企業の採用担当者がビズリーチ上でレジュメ(職務経歴書)を検索する際に使用したワードのうち、昨年と比較して検索数が上昇したものを「2021レジュメ検索トレンド」として発表した。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大
  • 調査概要:ビズリーチを利用している企業が会員を検索した「ワード」を算出
  • 調査対象:2021年1月~11月に検索され、大文字・小文字の区別なく、検索回数が100回以上のワード算出方法:対象となる全ワードのユニークユーザー数における、検索回数の昨年からの変化率を基に算出
  • 対比期間:2021年1月~11月と2020年1月~11月を比較
    ※「関連ワード」には、ランクインした各ワードや類似ワードと一緒に検索されていたワードを記載
    ※2020年に発表した「レジュメ検索トレンドランキング2020」とは、算出方法が異なる

2021年は「DX」が最も上昇 DX関連求人も昨年比3.3倍に

 新型コロナの拡大を機に、様々な業界でDXが急速に進んだことから、「DX」の検索数が最も上昇。また、「DX」と一緒に検索されているワードとして「ITコンサル」「データ分析」「IoT」「AI」「サプライチェーン」「業務改善」「自動化」「省人化」「顧客体験」などが挙げられた。データ分析に基づき生産性向上や顧客体験の向上に取り組める人材、サプライチェーン全体の改善や業務設計ができる人材が積極的に求められていることが分かるという。

 また、ビズリーチ上のDX関連求人数(求人名もしくはポジション名に「DX」を含む求人)も増加しており、2020年11月と比べて、2021年11月は3.3倍となっている。

IT人材ニーズは堅調 採用難度が高まる

 IT人材不足が深刻化しており、「Webアプリ」「情報セキュリティ」「TypeScript」「AWS GCP」といった、IT人材に関連するワードが上位に入った。また、「エンジニア採用」がランクインしたことから、IT人材の中途採用経験のある採用担当者を求める企業は増えており、IT人材の採用の難度が高まっていることが分かるという。

SaaSがビジネス潮流になり、大手企業向け「カスタマーサクセス」の採用ニーズ増

 SaaS(Software as a Service)のようなサブスクリプション型のサービスがビジネスの大きな潮流となる中、「カスタマーサクセス SaaS」がランクイン。従来の売り切り型の営業とは異なる「カスタマーサクセス」への注目が高まっている。

 また、「エンタープライズ」がランクインしたことから、大手のクライアントを獲得したいというニーズが新興のIT企業を中心に高まっていることがうかがえるという。新興のIT企業の中には、大手企業への戦略的営業のノウハウが社内にない企業も多く、経験豊富な人材が求められていることが分かるとしている。

雇用の流動化が進むなか、中途採用の内製化と人的資本経営が加速

 採用代行のサービスを意味する「RPO(Recruitment Process Outsourcing)」がランクイン。新たな事業領域を模索する企業が増えており、即戦力採用のニーズが拡大したことで、採用の難度が高まっている。そこで、RPO提供経験のある人材を採用し、外部に委託していた採用活動を内製化。採用ノウハウを蓄積する動きが加速したと推測している。

 また、経営者・事業責任者の戦略的パートナーとして、人と組織の面から事業成長を促していくポジションを指す「HRBP(Human Resource Business Partner)」は、優秀な人材が活躍できる環境をつくり、従業員エンゲージメントを高める人的資本経営が求められていることを背景に、ランクインしたと見られている。

企業の持続的成長に対する意識の高まりを背景に「ESG」がランクイン

 「ESG」がランクインしたほか、「国債」「証券アナリスト」「為替資産運用」などのワードが検索されており、日本でも市場が拡大している、ESG債関連のスキルを持つ人材へのニーズが高まっていることが分かるという。

 また、「サステナビリティ」「気候変動」「GHG(温室効果ガス)」というワードも一緒に検索されており、特に環境の領域でサステナビリティ推進に取り組む企業で、レポーティングや投資家などとのコミュニケーションができる人材が求められていると推測している。

【関連記事】
DX推進に関する調査レポート DX人材の社内育成に課題、外部人材を活用する企業は6割強―パーソルHD
企業のDX人材育成とカスタマーサクセス組織構築支援サービスを提供開始―電通デジタル
2021年9月度「IT転職市場レポート」を公開、事業会社の存在感が増す―ギークリー

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/3802 2021/12/22 17:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2021年7月20日(火)12:30~17:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング