SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

企業の人事・経営層が感じている課題「女性の昇進意欲のなさ」が上位、結婚後は管理職意向の男女差が拡大―パーソル総合研究所調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 パーソル総合研究所は、経営・人事に資する提言を行うことを目的に、女性活躍推進に関する調査を実施し、その結果を発表した。

 調査の概要と結果は以下のとおり。

調査概要
[画像クリックで拡大表示]

女性管理職の割合別に企業を4フェーズ:Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳに分類すると、女性管理職がいないフェーズ【Ⅰ】の企業は25.3%

 同調査対象である全国の従業員規模50人以上の企業800社について、各社の女性管理職の割合に基づき、0%の企業をフェーズ【Ⅰ】、1%以上10%未満の企業をフェーズ【Ⅱ】、10%以上20%未満の企業をフェーズ【Ⅲ】、20%以上の企業をフェーズ【Ⅳ】と4つのフェーズに分類した。全体ではフェーズ【Ⅱ】の企業が最も多く41.5%、次いでフェーズ【Ⅰ】の企業が25.3%となった。

図表1.女性管理職の割合別に見た企業実態<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表1.女性管理職の割合別に見た企業実態
[画像クリックで拡大表示]

企業の人事・経営層が感じている課題は、女性管理職比率の高さに関係なく、「女性の昇進意欲のなさ」「経験不足」が上位。女性管理職の比率が上がっても、女性の管理職意向は上がっていない

 女性活躍を推進する上で企業の人事・経営層が感じている課題を見ると、「女性の昇進意欲が無い」が42.4%で最も多く、次いで「十分な経験を持った女性が不足している」(41.6%)、「登用要件を満たせる女性が少ない」(40.8%)と続く【図表2】。これらの課題は、フェーズ(女性管理職割合)別に見ても、どのフェーズの企業にも共通して課題感が高かった(図省略)。

図表2.企業が感じている女性活躍のための課題<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表2.企業が感じている女性活躍のための課題
[画像クリックで拡大表示]

 女性活躍が進んだ場合、女性の管理職意向に変化があるのかを見たところ、どのフェーズでも大きな変動なく横ばいであり、組織内の女性管理職比率が高まっても、女性の管理職意向が上がっていない【図表3】。

図表3.フェーズ別に見た管理職意向がある女性の割合<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表3.フェーズ別に見た管理職意向がある女性の割合
[画像クリックで拡大表示]

女性向けの活躍推進策も、テレワークによる働き方も、女性ではなく、男性の管理職意向を高める効果が見られた。子供を持つ女性のみ、テレワーク実施率が高いほど残業時間が長くなる傾向

 「女性育成のためのスポンサーシップ制度」や「女性のロールモデルのインタビューや事例の公開」、「イクボス宣言など、両立支援に積極的なマネジメントの推進」などといった、女性を主な対象とした施策は、女性の管理職意向を直接上昇させておらず、男性の管理職意向を上昇させている【図表4】。

図表4.女性向け施策が、男性・女性の管理職意向に及ぼす影響<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表4.女性向け施策が、男性・女性の管理職意向に及ぼす影響
[画像クリックで拡大表示]

 勤務形態に占めるテレワーク割合の高さは、男性の管理職意向を上げる影響は見られたが、女性ではその傾向が確認できなかった【図表5】。また、子供を持つ女性のみにおいて、テレワーク実施率が高くなるほど残業時間が長い傾向が見られた【図表6】。

図表5.テレワーク割合の管理職意向への影響<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表5.テレワーク割合の管理職意向への影響
[画像クリックで拡大表示]
図表6.テレワーク実施率の残業時間への影響<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表6.テレワーク実施率の残業時間への影響
[画像クリックで拡大表示]

ライフイベント別に見ると、未婚期間と比較して、結婚後は管理職意向の男女差が拡大する傾向。また、育児期間における「給与」と「勤務時間」の重視度で男女に大きな違いが生じている

 男女の管理職意向をライフイベント別に見ると、未婚期間と比較して、結婚後は男女の管理職意向の差が開く【図表7】。育児期間においては、女性は男性に比べ「勤務時間」の重視度が高い一方、男性は「給与」の重視度が高いという違いが見られた【図表8】。

図表7.ライフステージ別に見た男女の管理職意向の重視度の違い<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表7.ライフステージ別に見た男女の管理職意向の重視度の違い
[画像クリックで拡大表示]
図表8.ライフステージ別に見た男女の「勤務時間」「給与」の重視度の違い<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表8.ライフステージ別に見た男女の「勤務時間」「給与」の重視度の違い
[画像クリックで拡大表示]

企業で実施されている残業対策は、労働時間に上限を設ける【管理的な施策】が多く、残業の【組織的原因の改善に努める施策】は少ない。組織的原因の改善に努める企業のほうが、管理職意向がある女性の割合が多い

 企業における残業対策の実態を見ると、「退勤管理の厳格化、チェックシステムの導入」や「ノー残業デーの設定」、「残業の原則禁止ないし事前承認制」といった労働時間の上限を厳格に管理する施策は実施率が高い。一方、「人事評価への時間あたりでの成果観点の包含」や「残業削減のためのマネジメント層への研修」、「時短管理職」の導入といった残業を生じさせる組織的な原因にアプローチするような施策の実施率は2~3割と低い【図表9】。

図表9.残業対策の実施状況<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表9.残業対策の実施状況
[画像クリックで拡大表示]

 実施率の低かった「人事評価への時間あたりでの成果観点の包含」を実施している企業では、管理職意向がある女性の割合が実施していない企業の1.9倍、「管理職の短時間勤務制度」や「残業削減のためのマネジメント層への研修」を実施している企業では、管理職意向がある女性の割合が実施していない企業の2.6倍と高い【図表10】。

図表10.残業対策としての人事施策と、女性の管理職意向との関係<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表10.残業対策としての人事施策と、女性の管理職意向との関係
[画像クリックで拡大表示]

男女の役割に関するステレオタイプのバイアスは根強く残っている。現場上司は、女性に対する幹部候補としての期待が薄く、経営者の間にも「家庭領域を女性の主な役割」とするステレオタイプがある

 上司側の部下への期待のかけ方を見たところ、特に小さなこどもがいる女性に対して幹部候補として期待していないことが分かる【図表11】。

図表11.幹部候補として部下に期待をかけている割合<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表11.幹部候補として部下に期待をかけている割合
[画像クリックで拡大表示]

 また、経営層に絞って見ると、「子育てについては、男性は女性にかなわない」といった考えを持つ人が最も多く、4割を超えている。それに次ぐ意識を見ても、「男性が活躍できるのも、女性が影で支えているおかげである」「女性には家庭責任があるので、あまり責任の重い仕事を任せるのは気の毒だ」など、「家庭領域を女性の主な役割」とするステレオタイプが広く存在する【図表12】。

図表12.経営層に見る男女意識の実態<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表12.経営層に見る男女意識の実態
[画像クリックで拡大表示]

女性活躍推進に対する懐疑心が広く見られる。そうした企業では管理職意向がある女性の割合は少ない

 自社の女性活躍推進の活動全般に対して、「法律の改正に合わせて行っているだけだ」「表面的な世間体を整えているだけだ」「実際には効果が薄い」と捉えている人が女性で4割、男性でも3割を超えた。一方で、「自社には必要ない」は男女ともに約1割と低い【図表13】。また、自社の女性活躍推進の活動に対する懐疑心が高いと、管理職意向は低くなる(図省略)。

図表13.自社の女性活躍推進の活動全般に対する懐疑心<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表13.自社の女性活躍推進の活動全般に対する懐疑心
[画像クリックで拡大表示]

転職先企業について女性が知りたい「人的資本開示項目」は、「男女別の平均賃金」や「女性管理職・役員比率」

 就業者が転職先企業について知りたいと感じている主な人的資本開示項目を聞いた。1位は「給料以外の福利厚生」、2位は「年代別の平均賃金」、3位は「ワークライフバランス・働き方改革の推進状況」となった【図表14】。

図表14.就業者が転職先企業について知りたい人的資本開示項目(上位抜粋)<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表14.就業者が転職先企業について知りたい人的資本開示項目(上位抜粋)
[画像クリックで拡大表示]

 男女の就業者で比較したところ、女性では「男女別の平均賃金」「女性管理職・役員比率」が高く、男性では「次世代経営者の育成計画」「重要ポストの内部登用率」が高い【図表15】。

図表15.就業者が転職先企業について知りたい人的資本開示(男女別)<br/>[画像クリックで拡大表示]
図表15.就業者が転職先企業について知りたい人的資本開示(男女別)
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
5割以上の企業が「女性活躍推進」に取り組むも、過半がネックありと回答―ワークポート調べ
20代の7割が女性管理職比率が高い企業は好感が持てると回答、4割超が転職活動において女性管理職比率を意識―学情調べ
「2030年までに女性管理職比率37%」を目指し施策を発表、4月時点では22.9%―パーソルホールディングス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4124 2022/07/01 16:20

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング