SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

管理職の8割が「マネジメント」が難化していると回答、課題は「メンバー育成」が最多―Hajimari調べ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 Hajimariは、同社が運営するHR Universityにて、「管理職のマネジメントの課題」に関する実態調査を実施し、その結果を発表した。

 調査の概要と結果は以下のとおり。

  • 調査方法:リサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
  • 調査期間:2022年4月13日〜4月14日
  • 有効回答:5人以上の部下がいるマネジメント層(役員相当、部長相当、課長相当、係長・課長補佐相当)101名

管理職の83.1%が、「マネジメント」が難しくなっていると回答

 「Q1.あなたは現在、『マネジメント』は難しくなっていると思いますか。」(n=101)と質問したところ、「非常にそう思う」が43.5%、「ややそう思う」が39.6%となった。

マネジメント難化の理由、「リモートワーク/遠隔でのマネジメントの必要があるから」が47.6%で最多

 Q1で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した人に、「Q2.『マネジメント』が難しくなっていると思う理由を教えてください。(複数回答)」(n=84)と質問したところ、下記の結果となった。

 Q2で「わからない/答えられない」以外を回答した人に、「Q3.Q2で回答した以外に、『マネジメント』が難しくなっていると思う理由があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=82)と質問したところ、「多様な働き方があり、意思統一させて働くことが難しい」や「飲み会や食事会などオフサイトのコミュニケーションが取りにくい」など58の回答を得られた。

マネジメントの課題、「メンバー育成」が49.5%、「キャリア開発」が44.6%

 「Q4.あなたが今感じている、マネジメントの課題を教えてください。(複数回答)」(n=101)と質問したところ、下記の結果となった。

 また、自由回答では、「具体的な指示や教育を遠隔で行うことの難しさ」や「評価が優や良では無く、可の評価となってしまい、褒めにくくなった」など61の回答を得られた。

93.6%がマネジメントの課題は「人事の領域とも重なる」と実感するも、約3人に1人が、「マネジメント」について体系的に学んだ経験なし

 Q4で「特にない/答えられない」以外を回答した人に、「Q6.あなたが感じるマネジメントの課題は『人事』の領域とも重なると思いますか。」(n=94)と質問したところ、「ほとんどが重なると思う」「一部重なると思う」が90%以上を占めた。

 「Q7.あなたは『マネジメント』について体系的(・網羅的)に学んだことはありますか。」(n=101)と質問したところ、約3分の1は「全くない」という回答だった。

マネジメントにおいて、83.2%が「人事の知識・ノウハウ」は必要と回答

 「Q8.ガバナンスやコンプライアンス意識の高まりから、マネジメントにおいて労務知識など、人事の知識・ノウハウは必要だと思いますか。」(n=101)と質問したところ、「非常にそう思う」「ややそう思う」が合わせて83.2%となった。

 Q8で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した人に、「Q9.労務知識以外に人事の知識・ノウハウで必要だと思うことを自由に教えてください。(自由回答)」(n=84)と質問したところ、「ハラスメント、メンタルヘルス」や「他社の人事の知識やノウハウ」など50の回答を得られた。

【関連記事】
新任管理職のマネジメント力を強化する研修プログラム「ラーニングトレック マネジメント基礎」を提供開始―リクルートMS
「マネジメントコンピテンシー診断」を7月より販売開始、管理職のマネジメント能力・行動の自己評価を支援―アジャイルHR
管理職の4割以上が、コロナ禍での部下マネジメントにおいて「自身の負担が増加」―Adecco Group Japan調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4322 2022/09/29 17:33

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング