SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

乞うご期待ください!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2023 Winter

2023年2月2日(木)12:40~16:50

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

対談《人材育成》| 20代の実像と向き合い方

20代はなぜ「ここでは成長できない」と思うのか~オープンワーク 大澤陽樹氏×人材研究所 曽和利光氏

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 転職・就職のための情報プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク株式会社では、この10年間での日本の働き方の変化をまとめた「社員クチコミ白書」を発表した。同資料で明らかとなったのは、働きがいはおおむね向上した一方、「20代成長環境」が下降したということだ。20代は他の世代に比べ、最も残業が少なく、最も有休消化率も高いのにもかかわらずである。この結果は何を意味しており、20代の成長を促すために企業はどうすればよいのだろうか。オープンワーク 代表 大澤陽樹氏と人材研究所 代表 曽和利光氏がこの点について考えを述べ合った。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

残業の減少が20代の成長機会を減らしている?

──まずは、大澤さんから「社員クチコミ白書」の概要と、「20代成長環境」が下降した理由として考えられることを教えていただけますか。

大澤陽樹氏(以下、大澤) 「OpenWork」には525万人のユーザーがいるのですが、企業で1年以上働いた方がクチコミを投稿いただけるようになっていまして、クチコミ数が累計1410万件あります(2022年12月時点)。クチコミを投稿する際のアンケートには、テキストで回答いただく定性的なものと、5段階評価で回答いただく定量的なものがあり、定量的なほうに「20代成長環境」があります。なお、回答は20代の方だけでなく、20代以外の方も行っています。

 定量的な質問は8項目あり、そのうち「20代成長環境」以外の「待遇面の満足度」「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「人材の長期育成」「法令順守意識」「人事評価の適性感」は、この10年間ですべて改善していました。唯一「20代成長環境」だけが下がっている。これは驚くべき事実でした。

定量的な質問8項目のうち「20代成長環境」だけ低下した(出典:オープンワーク「社員クチコミ白書」)
定量的な質問8項目のうち「20代成長環境」だけ低下した(出典:オープンワーク「社員クチコミ白書 PDF」)
[画像クリックで拡大表示]

 その背景として一つ考えられるのが、残業の減少です。データを見ても残業時間が減るにつれ、「20代成長環境」の点数が見事に減少しています。擬似相関の可能性もありますが。PCの強制シャットダウンのような、やや本質的ではない残業規制を行った結果、「もっと仕事がしたい」「もっと自分のスキルを高めたい」と思っても仕事ができない環境になっていることが影響しているのかもしれません。

曽和利光氏(以下、曽和) 働きやすくなったら成長面が下がるというのは、とても興味深いデータですよね。我々おじさん世代からすると、「やっぱりそういうこともあるだろうな」と思ってしまいます。

大澤 今の学生さんは、採用面接で「御社に入ると、どんなセカンドキャリアがありますか?」とふつうに質問するじゃないですか。転職を前提として就活をしていて、成長環境に対する期待値が上がり過ぎている。その結果、入社後に現実とのギャップが生まれ、スコアが下がっている可能性も考えられます。

大澤 陽樹氏
大澤 陽樹(おおさわ はるき)氏
オープンワーク株式会社 代表取締役社長
東京大学大学院卒業後、リンクアンドモチベーション入社。中小ベンチャー企業向けの組織人事コンサルティング事業のマネジャーを経て、企画室室長に着任。新規事業の立ち上げや経営管理、人事を担当。2019年11月、オープンワーク取締役副社長に就任。2020年4月、同社代表取締役社長に就任。

曽和 多くの20代の人が「本当に力が付いているのか不安だ」と言っていますよね。成長に対して過敏になっているのでしょう。一方で、能力開発がうまくいっていない実態もあるのではないかと思います。

大澤 最近ではリモートワークの弊害で、先輩が働く姿を近くで見られず、直接教えてもらえないことも多い。そういうところから点数が下がっていることも考えられます。たまに「今の若手は昔ほど成長を求めていない」という話を聞きますが、データで見るとまったくそんなことはありません。

曽和 そうですね。ただ「成長して市場価値を上げないとまずい」という漠然とした焦燥感を持っているだけで、「じゃあどう成長したいのか」と聞いても、「いや、それは特にないです」という答えが返ってくる。具体的に何かしたいことがあるわけでもないのに成長したいというのは、どこか歪んでいるように感じますね。

曽和 利光氏
曽和 利光(そわ としみつ)氏
株式会社 人材研究所 代表取締役社長
1971年、愛知県豊田市出身。灘高等学校を経て1990年に京都大学教育学部に入学、1995年に同学部教育心理学科を卒業。株式会社リクルートで人事採用部門を担当、最終的にはゼネラルマネージャーとして活動したのち、株式会社オープンハウス、ライフネット生命保険株式会社など多種の業界で人事を担当。「組織」や「人事」と「心理学」をクロスさせた独特の手法が特徴とされる。2011年に株式会社 人材研究所を設立、代表取締役社長に就任。企業の人事部(採用する側)への指南を行うと同時に、これまで2万人を越える就職希望者の面接を行った経験から、新卒および中途採用の就職活動者(採用される側)への活動指南を各種メディアのコラムなどで展開する。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
対談《人材育成》連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

野本 纏花(ノモト マドカ)

フリーライター。IT系企業のマーケティング担当を経て2010年8月からMarkeZine(翔泳社)にてライター業を開始。2011年1月からWriting&Marketing Company 518Lab(コトバラボ)として独立。共著に『ひとつ上のFacebookマネジメント術~情報収集・人脈づくり・...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

市古 明典(HRzine編集長)(イチゴ アキノリ)

1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、2017年7月にエンジニアの人事を...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4541 2023/01/12 08:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2023年2月2日(木)12:40~16:50

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング