SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

乞うご期待ください!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2023 Winter

2023年2月2日(木)12:40~16:50

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2023

その他のスペック一覧

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

特報・急報 | 人的資本経営をにらんで

SmartHRが人材マネジメント新機能「配置シミュレーション」を発表 同社が目指すものとは

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 クラウド人事労務ソフト市場をリードする1社である株式会社SmartHRは、2月14日に「配置シミュレーション」機能をリリースしました。SmartHR内に登録されている従業員情報から、配置検討に重要な情報を参照したシミュレーションが行えるもので、適切な人員配置を後押しし、企業の人材マネジメントをサポートします。労務管理機能がサービスの主軸であったSmartHRが、なぜ人材マネジメント領域に着手しているのか。新機能を提供する意義や狙い、今後の展望などを、SmartHRが2月7日に開催した同機能の説明会をもとにご紹介します。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

説明を行った、株式会社SmartHR 人材マネジメント事業 事業責任者/プロダクトマネージャー 重松裕三氏
説明を行った、株式会社SmartHR 人材マネジメント事業 事業責任者/プロダクトマネージャー 重松裕三氏

人材マネジメントの障壁

 HR Tech市場は拡大傾向にあります。人材マネジメントやタレントマネジメントを支援するシステムへの関心も、人的資本経営の広まりをきっかけとして高まっています。

 しかし、実際にはシステム導入に踏み切れない企業が一定数存在します。その背景には、そもそも「データが一元管理されていない」という悩みや、人事業務が多岐にわたるため常にリソース不足となっている課題があります。

 もちろん、多くの企業では、人事データ整備の重要性を理解しています。しかし、業務や部署ごとにデータが散らばって管理しきれていなかったり、データ取得の方法やタイミングがまちまちだったりして、どこから着手すればよいか分からない状態となっているようです。

[画像クリックで拡大表示]

 また、人事・労務担当者の業務は、採用、研修をはじめ、人事評価や制度、労務管理に至るまで、専門的かつ労働集約型であるものが中心です。法改正や電子申請義務化などやるべきことに追われがちで、人的資本の可視化や人材マネジメントに取り組みたくてもリソース不足で困っているのが現状です。

 SmartHRをはじめとするHR Techサービスには、「リソース不足」「データが整理できない・収集できない」などの人事課題を解決することが期待されるでしょう。「人事・労務業務の効率化」や「人事データを収集・蓄積する仕組みの整備」が実現できれば、人的資本や人材マネジメントなどの向き合うべきテーマに割く時間が確保できるはずです。

 それ以外にも、HR Techを活用した人事・労務業務の効率化や、人事データを収集・蓄積する仕組みの整備には大きな意味があります。

 たとえば、人事異動や配置転換を実施している企業の70%が、その目的を「人材育成」としています[1]。しかし、人事配置を実施している企業のうち29%は成果を出せていないと回答しており、その理由は「データに基づいた客観的な取り組みができていないため」だといいます。

[画像クリックで拡大表示]

[1]: HR総研×SmartHR「人事異動・配置転換の実施」に関するアンケートより。

 また、人事異動や配置転換で一定の成果を出していると回答している企業でも、「戦略的な取り組みができていない」ことや「データに基づいた客観的な取り組みができていない」ことが課題とされています。

[画像クリックで拡大表示]

 なお同調査で、人材マネジメントにおける経営や人事の課題を尋ねたところ、「次世代リーダーの選抜・育成」「戦略的な人材育成」「適材適所の推進」といった項目に票が集まりました。これらの課題はすべて、人事異動や配置転換の課題と読み取ることができます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー


次のページ
新機能「配置シミュレーション」でできること

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
特報・急報連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

横内さつき(ヨコウチ サツキ)

中小企業の採用コンサルタント/人事労務・金融など専門領域の編集者・ライターとして活動する複業フリーランス。パーソルキャリアで求人広告営業、人材系スタートアップにて子育て世代や外国籍向け人材事業を経験。生命保険やカフェ店長、Web制作会社など、異業種の経験も豊富に持つ。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4677 2023/02/28 08:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2023年2月2日(木)12:40~16:50

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング