SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2024 Winter

2024年2月1日(木)12:00~17:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2023

その他のスペック一覧

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2023

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2023

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2023

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2023

社内公募制度の落とし穴と対策/給与市場の透明化を目指すHR Tech

-[Vol.079]-------------------------------------------------------
このメールは翔泳社のメディア・イベント・サービスにご登録いただいた方に
お送りしています。配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

こんにちは。HRzine編集部の井上です。
先日、ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会が主催する
「Digital HR Competition 2023」のピープルアナリティクス部門に
参加してきました。

◆HRテクノロジーソリューション部門の様子はこちらから


ファイナリスト4社のプレゼンは、各社10分とは思えないほど
熱意や試行錯誤の軌跡が伝わってきて、
月並みの感想ですがとても感動しました!

4社の中には、HRzineで連載がはじまったパーソルキャリアさんの姿も。
惜しくもグランプリは別の企業となりましたが、
今回発表された人事データ活用プロジェクトは、今後もHRzineで
取り上げていく予定ですので、みなさんもぜひ楽しみにしていてください。

◆パーソルキャリアの人事データ活用の記事はこちら
人事データ活用の全体像とBI開発事例


HRテクノロジーに関連して、今週のおすすめ記事はこちらです。

◆PROJECT COMP——「給与」に相場データに基づく合理性をもたらし従業員の納得
感を醸成


人気連載「HR Techのこころ」の久しぶりの最新記事です。
今回は、給与相場をデータベースで確認できる「PROJECT COMP for Business」や
評価制度の構築や運用プロセスのサポートを行っている
PROJECT COMPにお話を伺ってきました。
同社はなぜ「給与市場の透明化」をミッションに掲げているのでしょうか。
給与や評価に携わる方ならきっと同じような課題を感じたことがあるはず。
ぜひ記事で、同社の持つ課題感やソリューションへの想いをご確認ください。

[0]目次
----------
[1] 新着記事はこちら
[2] 人気記事ランキング
[3] 記事のリクエストも大歓迎です
[4] 配信停止の方法

HRzineのX(旧Twitter)アカウント、Facebookページも公開しています。
* X(旧Twitter)  => 
* Facebook => https://www.facebook.com/hrzine

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事はこちら(11/6~11/10)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆社内公募制度の落とし穴と解決策 「求人に応募がない」理由から考える
〈特別寄稿《人材活用》| 配置・配属〉
 人材を求める部署が社内で募集をかけ、意欲ある他部署の社員が自発的に応募す
る「社内公募制度」の導入が、大企業を中心に広がっている。日本でも働き手の生
産性向上や専門性を高めるジョブ型雇用へのシフトが叫ばれる中、多様な部署で経
験を積むことは社員のモチベーション向上、個人のキャリア自律につながる。一方
で、制度を導入したものの「求人を出してもいっこうに応募がない」と悩む企業が
多いことも現実だ。本稿では、当社(筆者が代表取締役を務める株式会社アールナ
イン)が社内公募制度の円滑な導入・運用をサポートする中で遭遇した実例をもと
に、企業がはまりがちな落とし穴とその解決策を伝えたい。


◆PROJECT COMP——「給与」に相場データに基づく合理性をもたらし従業員の納得
感を醸成
〈HR Techのこころ | #23〉
 従業員の「給与」は、働く意欲や勤続する意思に大きな影響を与える。しかし、
現在の売り手市場では、社内の評価(給与)だけで従業員に納得感を持ってもらう
のは困難だ。評価には市場の給与相場の反映が必要である。その点にフォーカスし
ているのが、株式会社PROJECT COMPのサービス「PROJECT COMP for Business」
だ。同サービスでは、給与相場をデータベースで確認できるほか、自社にマッチし
た評価制度の構築や運用プロセスのサポートも提供している。今回は、元DeNAの人
事本部長で、現在はPROJECT COMP 代表取締役社長兼CEOである田川啓介氏に、従業
員の納得感を高める評価方法について伺った。


◆セクハラに関する相談窓口の対応が不適切と判断(横浜地裁 平成16年7月8日)
〈人事労務事件簿 | #39〉
 受けた本人に著しい精神的苦痛を与えるセクシュアルハラスメント。ハラスメン
トについては相談を受け付ける窓口の設置が義務化されるなど、取り巻く環境も改
善されつつあります。しかし、相談を受け付ける窓口の担当者がまともに話を聞か
なかったり、対応を怠ったりしたらどうでしょう。今回紹介する事案は、市役所内
でまさにそうしたことが起き、訴訟に至ったものです。そもそも窓口担当者がハラ
スメントについて正しい知識・認識を持っているか、確認する必要があるかもしれ
ません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 人気記事ランキング(11/4~11/10)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●1位 PROJECT COMP——「給与」に相場データに基づく合理性をもたらし従業員の
納得感を醸成


●2位 社内公募制度の落とし穴と解決策 「求人に応募がない」理由から考える


●3位 障がい者雇用でよくあるトラブルの3つの事例と対応方法 適切な評価・
フィードバックとは?


●4位 セクハラに関する相談窓口の対応が不適切と判断(横浜地裁 平成16年7月8
日)


●5位 管理職2000人が必修で受けたヤフーのマネジメント研修とは DE&I推進は全
社施策との連携で加速する



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 記事のリクエストも大歓迎です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、編集部まで
お気軽にご応募ください。
その他のご要望にも柔軟に対応してまいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/hz?token=&utm_source=30534&utm_medium=email

配信先の変更はこちらから(ログインが必要です)。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/hz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 HRzine編集部
(c)2020 SHOEISHA. All rights reserved.

Special Contents

AD

Job Board

AD

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2024年2月1日(木)12:00~17:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング