HRzine

注目の特集・連載

退職ではなくて卒業、「辞めたけど良い会社ランキング2020」1位はマッキンゼー―オープンワーク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/25 06:00

 オープンワークの働きがい研究所は、2017年以降OpenWorkに退職者からの投稿が10件以上ある3976社・12万3557件のクチコミを対象としてデータを収集し、「辞めたけど良い会社ランキング2020」を発表した。集計期間は2017年1⽉〜2020年8⽉。

 退職者が選ぶ「辞めたけど良い会社ランキング2020」は次のとおり。

[画像クリックで拡大表示]

 今回、退職者から⾼い評価を得ている企業として1位にランクインしたのは、世界的コンサルティングファームであるマッキンゼー・アンド・カンパニー。マッキンゼーは、出⾝者に著名な起業家や経営者が多いことでも知られている。マッキンゼーの元社員の退職検討理由クチコミからも、退職後に活躍しているOB・OGの多さから退職⾃体にマイナスイメージがなく、むしろ卒業と捉え賞賛される組織⾵⼟であることや、⼊社する時点で退職後のキャリアを⾒据えていることが分かった。

 今回のランキングでは、⼈材の流動性が⾼い外資系企業がトップ10の内7社を占める結果となった。⼀⽅で、⽇系企業の中でも離職率が低い総合商社が2社ランクインしている。厚⽣労働省の発表(新規学卒就職者の離職状況(平成27年3⽉卒業者の状況))では、新卒就職者の⼊社3年⽬までの離職率は約3割であるのに対し、総合商社は⾮常に低く数%程度となっている。OpenWorkでの評価も⾼く、あまり辞めないとされる総合商社の退職検討理由を⾒ていくと、⻑期雇⽤を前提としたキャリアパスや、配属リスク、年功序列の⾵⼟を挙げる声が⾒られた。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HRzine
2020/09/25 06:00 /article/detail/2527
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0