HRzine

注目の特集・連載

2020年9月Amazon調べ 「人事・労務」のベストセラー書籍トップ50

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/09 07:00

 2020年9月の1か月間に、Amazonで最も売れた人事・労務関連本は何か――。本記事では、そのランキング1位から50位までを発表する(Amazon協力のもと、オフィス管理・OA、秘書を除く「総務・人事・労務管理」ランキングから作成)。また、ランキング内の注目書籍のほか、ランキング外・カテゴリー外だが気になる人事向け書籍も紹介する。

今月の注目書籍

カルチャーモデル 最高の組織文化のつくり方

 3位に躍り出た『カルチャーモデル 最高の組織文化のつくり方』。リモートワークの普及などで企業のチームビルディングが課題とされる中、カルチャー構築はますます重要度を増しているようである。同書は、そもそもカルチャーとは何かから説明を始め、カルチャーのつくり方、社内外への浸透のさせ方へと説明を進めていく。ゴールはあくまで事業成長にあり、人間関係を良好にすることだけにないところもポイントだ。

男性の育休 家族・企業・経済はこう変わる

 10位は9月の新刊『男性の育休 家族・企業・経済はこう変わる』。若手男性社員の8〜9割が取得を希望しているという男性の育休だが、実際には7%ほどしか取得されていないという。しかし、多様な働き方が広まる中、男性育休義務化も認められる方向にあるのではないか。その点で、本書の第3章「男性育休が企業にもたらすメリット」と第4章「なぜ今、男性育休『義務化』なのか」、第5章「義務化で変わる男性育休」は、どの企業の人事も目を通しておきたいだろう。

ルポ 技能実習生

 18位の『ルポ 技能実習生』は、マスコミなどを通じて流布している、劣悪な環境下で働かされる現代の奴隷制度というイメージだけに偏らず、丹念な取材のもとに技能実習生の実態を明らかにしている良書。借金をし、ブローカーに法外な手数料を支払ってまでなぜ彼らは日本にやって来るのか。そうした背景まで描いた本書は、実際に技能実習生を受け入れたり、受け入れを検討していたりする企業の人事は特に必読といえよう。

*     *     *

 1位から50位までの全体ランキングについては次のページに掲載している。なお、前月順位についてはデータ取得の方法・仕様により変動する場合がある。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

    翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

  • 市古 明典(HRzine編集長)(イチゴ アキノリ)

    1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、2017年7月にエンジニアの人事をテーマとする「IT人材ラボ」を立ち上げ。2020年8月に人事全領域にテーマを広げた「HRzine」をスタートさせた。

バックナンバー

連載:Amazonランキング
HRzine
2020/10/09 07:00 /article/detail/2570
All contents copyright © 2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0