HRzine

注目の特集・連載

ニューノーマルの人財マネジメント――EXの向上とジョブ型マネジメントへの移行を支える仕組みとは

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3つのコンセプトでニューノーマル時代の働き方を支援

 伊藤氏は講演のまとめとして、次の4つのスローガンを挙げた。

  • 変化していく社会のなかで、働き方が変わる、人財戦略も変わる
  • 従業員一人ひとりにフォーカスし、多様な個を活かす
  • データ活用により、適所適材配置やタレントマネジメントが可能に
  • アナログな“1on1ミーティング”も、たいせつに

 「特に④は、データ活用というとデータがあればそれで実現できると考えてしまいがちです。しかし、1on1ミーティングや、そうしたコミュニケーションに基づくチームの関係性構築といったアナログ部分も非常に大切であることを、常に意識することが大切です」(伊藤氏)

 さらに伊藤氏は、こうした一連の「ニューノーマルにおける働き方」を支援する日立ソリューションズのソリューション群を紹介した。

 「これらのITソリューションには、『テレワークを起点とした自由な働き方の実現』『RPAをベースにした自動化を進め、生産性を向上』『エンゲージメントを高め、従業員の働きがいを支える環境づくり』という3つの軸があります。これらを基にした非常に多くの製品やサービスをご用意しています」(伊藤氏)

 伊藤氏は最後に、「コロナ禍での急激な変化は、働き方改革のチャンスと捉え、従業員がイキイキと働ける環境をつくっていきましょう。関心のある方はぜひ一度お声掛けください」と呼びかけ、セッションを締めくくった。

ニューノーマルの働き方を支える日立ソリューションズの3つのコンセプト
ニューノーマルの働き方を支える日立ソリューションズの3つのコンセプト
[画像クリックで拡大表示]

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 工藤 淳(オフィスローグ)(クドウ アツシ)

    出版社や制作会社勤務の後、2003年にオフィスローグとして独立。もともと文系ながら、なぜか現在はICTビジネスライター/編集者として営業中。 得意分野はエンタープライズ系ソリューションの導入事例からタイアップなど広告系、書籍まで幅広く。

バックナンバー

連載:HRzine Day 2021 Summer セッションレポート
HRzine
2021/09/09 10:00 /article/detail/3467
All contents copyright © 2020-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0