SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

受講者募集中!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2022 Summer

2022年7月28日(木)12:30~16:40

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2021

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2021

HRzineニュース

テレワーク下における部門間対立の実態を調査、経営者の約4割が危機意識「高まった」と回答―レンズアソシエイツ

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 レンズアソシエイツは、テレワーク下における部門間対立の実態調査を実施し、その結果を発表した。

 調査の概要と結果は以下のとおり。

  • 調査方法:インターネット
  • 期間:2022年5月23日〜同年5月24日
  • 有効回答:全社的にテレワークを行っている従業員数100名以上の企業の経営者・役員102名

63.7%が、自社の部門間の対立・わだかまりを実感

 「Q1.あなたは、自社において部門間の対立・わだかまりを感じたことがありますか。」(n=102)と質問したところ、「かなりある」が23.5%、「ややある」が40.2%という回答となった。

Q1
[画像クリックで拡大表示]

部門間の対立・わだかまりを感じた場面、「部門間のコミュニケーションが少ない」(66.2%)や「自部門(部署)の利益ばかりを重視している」(60.0%)

 Q1で「かなりある」「ややある」と回答した人に、「Q2.どのような場面で部門間の対立・わだかまりを感じたことがあるか、教えてください。(複数回答)」(n=65)と質問したところ、「部門間のコミュニケーションが少ない」が66.2%、「自部門(部署)の利益ばかりを重視している」が60.0%、「各部門が同じ方向を向いていない」が47.7%という回答となった。

Q2
[画像クリックで拡大表示]

他にも「他部署の動きに関心がない、知らない社員がいる」や「部門によって重視することが異なる」などでわだかまりを実感

 Q2で「わからない/答えられない」以外を回答した人に、「Q3.Q2で回答した以外に、部門間の対立・わだかまりを感じた場面があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=64)と質問したところ、「他部署の動きに関心がない、知らない社員がいる」や「部門によって重視することが異なる」など40の回答を得ることができた。

3人に1人以上が、テレワークにより部門間の対立への危機意識が高まったと回答

 「Q4.あなたは、テレワークによって、部門間の対立に関する危機意識が高まりましたか。」(n=102)と質問したところ、「かなり高まった」が15.7%、「やや高まった」が20.6%という回答となった。

Q4
[画像クリックで拡大表示]

テレワークにより危機意識が高まった理由は、「部門の垣根を越えたコミュニケーションが難しくなったから」が70.3%で最多

 Q4で「かなり高まった」「やや高まった」と回答した人に、「Q5.テレワークで、部門間の対立に関する危機意識が高まった理由を教えてください。(複数回答)」(n=37)と質問したところ、「部門の垣根を越えたコミュニケーションが難しくなったから」が70.3%、「テレワークで社員の様子が見えづらいから」が62.2%、「自分自身、社員とのコミュニケーションの機会が減っているから」が45.9%という回答となった。

Q5
[画像クリックで拡大表示]

他にも「仕事以外の交流が減った」や「業務連携がしにくくなった」などの理由も

 Q5で「わからない/答えられない」以外を回答した人に、「Q6.Q5で回答した以外に、部門間の対立に関する危機意識が高まった理由があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=37)と質問したところ、「仕事以外の交流が減った」や「業務連携がしにくくなった」など21の回答を得ることができた。

7割以上が、部門間の対立を解消するために施策を実行

 Q1で「かなりある」「ややある」と回答した人に、「Q7.あなたの会社では、部門間の対立・わだかまりを解消するために、施策を実行したことはありますか。」(n=65)と質問したところ、「ある」が70.9%、「ない」が20.0%という回答となった。

Q7
[画像クリックで拡大表示]

一方、約3人に1人は「施策」に効果を実感できず

 Q7で「ある」と回答した人に、「Q8.部門間の対立・わだかまりを解消するための施策は、十分な効果がありましたか。」(n=46)と質問したところ、「全くなかった」が13.0%、「あまりなかった」が19.6%という回答となった。

Q8
[画像クリックで拡大表示]

効果を感じた施策、「部門間の壁を無くす為、評価基準を変えた」や「各部門を横断して実施するプロジェクトを立ち上げ、定期的に意見交換をする場を設ける」など

 Q8で「かなりあった」「ややあった」と回答した人に、「Q9.部門間の対立・わだかまりを解消するために、どのような施策を行ったことがあるか、自由に教えてください。(自由回答)」(n=31)と質問したところ、「部門間の壁を無くす為、評価基準を変えた」や「各部門を横断して実施するプロジェクトを立ち上げ、定期的に意見交換をする場を設ける」など22の回答を得ることができた。

施策に効果がなかったと回答した8割以上が、テレワークによって、部門間の対立を解消することは、より一層難しくなったと回答

 Q8で「全くなかった」「あまりなかった」と回答した人に、「Q10.テレワークによって、部門間の対立・わだかまりを解消することは、より一層難しくなったと思いますか。」(n=15)と質問したところ、「非常にそう思う」が53.4%、「ややそう思う」が33.3%という回答となった。

Q10
[画像クリックで拡大表示]

【関連記事】
テレワーク制度がない会社の社員ほどテレワークに懐疑的だと判明、サイボウズら4社が全国の実態を合同調査 
「評価されている」と実感できていない20代は約半数、テレワークでの評価に不安を感じる人は約4割―学情
コロナ禍のテレワークと人事の課題に関する調査を実施、人事評価制度の改定は1割強

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
関連リンク
HRzineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

HRzine編集部(エイチアールジンヘンシュウブ)

労務管理から戦略人事、日常業務からキャリアパス、HRテクノロジーまで、人事部や人事に関わる皆様に役立つ記事(ノウハウ、事例など)やニュースを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4058 2022/06/01 17:05

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2022年7月28日(木)12:30~16:40

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング