SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

HRzine Academy(エイチアールジン・アカデミー)は、普段の業務の中では身に付けることが難しい「人事のスキル」を、各分野の第一人者やエキスパートが解説・指導してくれる特別な講座です。広く重くなり続ける人事の役割を果たしていくためにも、最高のスキルを本講座でぜひ習得してください。

乞うご期待ください!

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

直近開催のイベントはこちら!

HRzine Day 2023 Winter

2023年2月2日(木)12:40~16:50

主要製品スペック一覧

人事業務の効率・確度・精度を高めるために欠かせないHRテクノロジー。その主な製品の機能を分野ごとに比較できる資料群です。製品検討の参考資料としてご活用ください。

人事労務管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

人事労務管理システム
主要製品スペック一覧 2022

その他のスペック一覧

タレントマネジメントシステム<br>主要製品スペック一覧 2022

タレントマネジメントシステム
主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム<br>主要製品スペック一覧 2022

採用管理システム
主要製品スペック一覧 2022

インタビュー《人材育成》| 新卒入社のオンボーディング

成長意欲のいっそう高い23卒生が「話を聞く耳を持ち」「早期退職しない」会社になるには

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

 来春、新たに社会人の仲間入りを果たす23卒生は、大学入学当初からコロナ禍にあり、学生生活やアルバイトなど、あらゆる活動を制限されてきた。そうした彼ら・彼女らを迎え入れる企業では、どのように新人研修やオンボーディングの準備を行い、育成に取り組んでいけばよいのだろうか。マクドナルドやユニクロなどで長年、未経験者の人材育成に携わってきた株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパン 代表取締役会長の有本均氏に話を聞いた。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena

23卒生を定着させるために気をつけたいこと

──有本さんは23卒生の傾向をどのように捉えていらっしゃいますか。

 いわゆる一般的なZ世代と大きく変わらないと思うのですが、企業が注意したほうがよいポイントが4つあります。

 1つ目は、コロナ禍の経験が長かったことで、「自分が就職する会社は本当に倒産せずに、安定してビジネスを続けられるのか」といったことに対する不安感が、より強くなっていること。

 2つ目は、成長意欲が高いといわれる22卒生よりも、さらに23卒生は成長意欲が高まっている可能性があること。

 3つ目は、オンライン面接にも慣れている23卒生は、リモートワークに対する企業の姿勢と自身の価値観がマッチするかどうかによって、企業の評価が変わってくること。

 4つ目は、「働きやすい会社かどうか」を重視する傾向が強く、人間関係の良さを求めていること。

 これらの4つのポイントに配慮して受け入れ体制を整えておかなければ、早期離職につながる危険があると思います。人事の方にとっては、負担が大きいことですけどね。

有本 均氏
有本 均(ありもと ひとし)氏
株式会社ホスピタリティ&グローイング・ジャパン 代表取締役会長
1979年、日本マクドナルド(株)に入社。統括マネージャーなどを経て、教育責任者である「ハンバーガー大学」の学長に就任。2004年、(株)ファーストリテイリングに入社。「ユニクロ大学」の部長を務める。その後、外食・サービス業の代表、役員を歴任し、2012年、(株)ホスピタリティ&グローイング・ジャパンを設立。

──なるほど。オンラインとオフラインをうまく組み合わせながら、不安を取り除いてあげることが大切だといえそうですね。

 はい。今の時代、転職しようと思えば、すぐにできる時代ですよね。こうした売り手市場では、早い段階で会社が評価されてしまいます。最初の3ヵ月が肝心なんですよ。試用期間は従業員が試されるのではなく、会社が試されていると考えたほうがいい。

 今は基礎研修が終わった第2新卒を歓迎する企業はたくさんあって、その会社に固執する必要はどこにもないですから。選ばれる会社になれなければ、その時点で終わりです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー


次のページ
「グローイング・サイクル」で行う人材育成とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
インタビュー《人材育成》連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

野本 纏花(ノモト マドカ)

フリーライター。IT系企業のマーケティング担当を経て2010年8月からMarkeZine(翔泳社)にてライター業を開始。2011年1月からWriting&Marketing Company 518Lab(コトバラボ)として独立。共著に『ひとつ上のFacebookマネジメント術~情報収集・人脈づくり・...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

市古 明典(HRzine編集長)(イチゴ アキノリ)

1972年愛知県生まれ。宝飾店の売り子、辞書専門編集プロダクションの編集者を経て、2000年に株式会社翔泳社に入社。月刊DBマガジン(休刊)、IT系技術書・資格学習書の編集を担当後、2014年4月より開発者向けWebメディア「CodeZine」の編集に参加。その後、2017年7月にエンジニアの人事を...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • hatena
HRzine
https://hrzine.jp/article/detail/4328 2022/12/07 08:00

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

HRzine Day(エイチアールジン・デイ)は、人が活き会社が成長する人事のWebマガジン「HRzine」が主催するイベントです。毎回、人事の重要課題を1つテーマに設定し、識者やエキスパードが持つ知見・経験を、参加者のみなさんと共有しています。

2023年2月2日(木)12:40~16:50

イベントカレンダーを見る

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング